でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬に備えて薪小屋を…

 我が家の薪小屋は廃材を頂いてきたビテ足場を骨格に、仮住まいの小屋を解体した廃材で組み立てました。
 新規に購入したのは単管2本とクランプに釘類くらいですかね。

 極めていい加減な作業のシロモノなんで、そのうち解体してまともなのを建てよう…と思いつつ支障もないから何年も使ってましたよ (^_^;


 ところが春の突風で屋根が飛んでしまいました!



 垂木に野路板、それにトタン屋根の組み合わせは相当な重量があり、豪雪の重みに耐えるようには作ってました。
 しかしまさか飛ぶことは想定してなかったんで、固定せず置いてあるだけ(ずれないようにはめ込んではあった)ではありました。
 
 …うーん、自然の力って凄いもんです。
 たかが空気の動きで、この重量物が吹き飛んでしまうんですからねぇ… などと感心してる場合じゃなかったんで、とりあえずブルーシートをかけて応急処置をしましたよ。
 しかしそろそろ雪を意識する時期でもあるし、ここらで真面目に復旧しないといけませんねぇ。


 このままじゃ重くて一人の人力じゃどーにも動かせないけど、ちょっと手をかければ半分に割れる構造にはなってるから、それなら力任せに何とかなる重量かと。
 だけど実は私、現在ケガをしてて力仕事がまともにできない状態だったりしてますよぉ(気が向いたら詳細を後日書こうかと)。
 なので仕方なくトタンをはがして分解し、屋根に運んで再度組み立てる方法をとりました。
 
 ところで最近は日が短くなったもんで、当初は午後からの半日仕事で終わる予定が夕方になると早々暗くなってしまうから完全に終わらせることができませんでしたよ。
 とりあえず屋根トタンだけは一応張ったんで当面雨の心配はないが、細かい仕上げは後日の課題ですね。

 この時期になると雪が積もることを想定しての作業が増えてきます。
 ここが常夏の土地ならそんな心配も不要ですが、ある意味季節のはっきりした生活だからこそメリハリがあって張り合いがあるのかもしれませんねぇ。


 そういや最近外仕事をしてると、夜行性のムササビが昼間からケンカしてる声をよく聞きますよ。
 可愛い姿からは信じられない凶悪な声を出す連中ですが、近ごろはさらにエキサイトしてるみたいで場面をあちこちに移しながら何日も続く執拗な戦いを繰り広げてるみたいですねぇ(ついでに成り行きでフクロウともケンカしてるみたい…)。

 もしかして交尾の時期で雌をめぐる争いかもしれませんが、そんなに魅力的な女性なら私も参戦してやろうかと思いましたよ。
 ムササビ相手なら人間の私が本気でケンカしたら間違いなく勝てるでしょうから、それも面白いかなぁ?

 …などと、お馬鹿なことを考えながら作業をしてた今日の出来事でした (^o^)
 



スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1248-61998b17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。