でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れた頃に出たシイタケ

 今日野良仕事をしてたら何か気になったんで、久々にキノコの原木を見に行きました。

 キノコは初夏にナメコとヒラタケの駒を打っておいたが成功してても出るのはたぶん来年以降だと考えてます。 
 ま、駒の数も少なかったし今年はまともな雨のない猛暑だったから原木が乾燥してしまい、果たしてキノコが出てくれるかは微妙な情勢ですけどねぇ…。

 で、見に行ったけど相変わらず出る気配もなかったのですが、ナメコの原木の上に放り投げてあった木からキノコが出てますよぉ~。



 …あ、これはシイタケですっ!
 実はこれ、一昨年の初夏に道の駅で気まぐれに買った駒うち済みの原木です。
 話じゃ翌春に出てくるとのことだったが保存状態がいい加減で出る気配もなく、さらに夏は雨もなく乾いてたみたいなんで全く期待してませんでした。

 「もうダメだろうなぁ…」などと思ってた矢先に出てきたもんだから、個人的にはかなり嬉しい出来事でしたよねぇ …(^o^)


 
 しかも結構大きいもんだから食べるのがもったいないくらいで、眺めながら楽しい気分になってました。
 個人的には塩を振って焼くのがシンプルで好きなんですが、もったいないもんだから無意識に薪ストーブの横に置いて「干しシイタケ」を作るモードになってましたね (^_^;

 とにかくシイタケ菌が生きてたとわかって一安心です。


 というわけで、この調子でナメコやヒラタケも来年出てきてくれたら、さらに嬉しいことだよなぁ…なんて想いました。




スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1247-aeb0b91b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。