でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主食の種類を考える

 近ごろは山をおりたら稲刈り風景をよく見かけます。
 稲作農家にとってはクライマックスの時期であり、生きがいと安心を収穫してるようにも想えました。

 我が家のバケツイネも収穫して現在自然乾燥中です。
 お茶碗1杯のご飯が食べられるかどうかという少量ではありますが楽しみですよ~。


 ここは山の頂上付近で水が引けず、一般的な田んぼを作れない環境です。
 ま、陸稲(オカボ)や天水田という方法もあるんでしょうが、とりあえずコメ以外に主食になりうる作物を考え植えてるところです。

 ところで無学な私は主食といえば「炭水化物が多くて収量があり、毎日でも食べ飽きないもの」と勝手に定義してますが、ウィキペディアの記述は参考になりました。
 コメ以外じゃパンや麺類好きの私にはムギというイメージだけど、これは来年以降の課題としておきましょう。


 イモ類は現在「ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ」を毎年作ってますが、私みたいな素人でも栽培が簡単で作りやすいと思います。
 肥料ですが経験上ジャガイモはそれなりに必用で、今年みたいに無肥料に近い状態だと目に見えて収量が落ちますねぇ。
 サトイモは無肥料でも一応出来るが、やはりある程度の施肥をした方が良いみたいです。やり過ぎるとイモが大きくなりすぎて味が落ちる気がしてるけどどうでしょうか。
 サツマイモは無肥料の方がよく出来るみたいで、農家の爺ちゃんからも「肥料やるな、連作しろ、マルチなんかしちゃいかんっ」と教わってます。ついでに除草しない方が雑草の上を這いまわりかえって手間いらずという気がしてますよ。
 しかし高温と乾燥を好むそうなんで、昨年みたいな低温長雨だとさっぱりの結果でしたねぇ。


 トウモロコシは「実」以外の固形物が多すぎの上に肥料食いだし、効率悪いイメージでした。
 しかし今年は食する以外の部分をすべて土壌に還すことにして(地面に置くだけですが)、有機肥料としての可能性を考えてるところです。
 主流のスイートコーン系は乾燥するとシワシワになって不味そうですが、保存の利く穀物としてはどうでしょうか。
 見た目は2本だけ植えてみたポップコーンの方が丸い粒のままで使えそうな感じですけど…。

 あとはカボチャなんかも主食になりそうで、食糧難の戦時中によく植えられてたそうですね。
 ただ個人的には面積を専有する割に効率がよくないと思ってるが、初期に少々施肥する以外は無肥料放任でOKなのが魅力かな。


 最後に今年初挑戦のソバですが、現在はこんな感じ。



 驚異的な成長の早さで、測ってみたらすでに高さ1mオーバーの個体もありましたよぉ。
 ソバは徒長しやすく倒れやすい作物だそうですが、倒れてもそこから頭を持ち上げてちゃんと花を咲かせてますね(ジャガイモもそうです)。
 ちなみに種をすじ撒きしただけで追肥や間引きもせず、全くの放任状態で観察してます。

 先のことはわかりませんが、これなら何とか収穫できそうな気がしてきましたよ~ (^o^)


 というわけで、日本人の私がまともな田んぼを作れないのはちょっと残念だけど、そのぶん他の主食を模索する楽しみがあるのかなぁ…?
 などと考えれば、ここでの山暮らしも面白いもんですよ (^_^)




スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1241-4c591b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。