でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏食のイクラ丼

 山の幸以外で秋の味覚といえば、我が家じゃ「イクラ丼」かな?
 
 原料の「生筋子」は店頭の魚売り場でこの時期見かけます。
 しかしそれでも千円前後と高いから「半額シール」を張られたのを見つけたが買い時ですねっ。

 我が家は筋子をイクラにバラして醤油漬けにするのが毎年恒例です。
 すでに本年2度目だけど毎回作り方が違ってたりするなぁ。
 今回は塩を入れたぬるま湯の中でバラしたが、前回は真水でやってましたね。
 大量に作るなら焼き網やバドミントンのラケットを使って揉むのがいいんだけど、少量だから最近は箸でほぐしてますよ。



 そしてザルにあけて水気を切りながら、残った小さな筋を取り除きます。
 別に商品として出荷するわけでも、来客に振る舞う目的もないから適当に済ませますけどね。


 で、タッパーに作った調味液に漬け込み、内訳は醤油、酒(純米酒)に味醂と塩が少々だけど、その配合は目分量というか出来上がりをイメージしながら適当にやってますよ。
 個人的には保存食として考えてるから塩分濃いめの味付けで、出来上がりを食べてみて薄ければ塩を、濃すぎたら酒を足して調整する程度のいい加減なもんです。
 これで半日も過ぎたら食べられますが、やっぱ冷蔵庫で数日おいた方が美味しいかなぁ。
 塩分濃いめだからそのまま半月くらいは保存できますよ。



 …ちなみに私はグルメじゃないんで、食通をうならせるようなイクラを作る気は始めからありません。
 美味しくて正しい作り方はネットや書籍とかで調べてくださいねっ。


 というわけで今回は朝に仕込んだから、夕食に早速食べてみました。


 
 ご飯が赤いのは玄米に黒米を混ぜて炊いてるからですね。
 イクラと一緒に黒く見えるのは自家製(というか一度植えたら毎年勝手に生えてくる)ギョウジャニンニクの醤油漬けと、手でちぎった焼海苔を乗せてます。

 醤油漬けのギョウジャニンニクがイクラと非常に相性が良いことは前から知ってたけど、海苔も良いことを今年になって発見しました。
 イクラとご飯にギョウジャニンニクを混ぜて海苔で巻いて食べれば、それはもう素晴らしい美味であると個人的には思ってますよぉ~。


 ちなみに今回仕込んだ量で、大体ご飯が10杯近く食べられます。
 イクラに米とかを合わせたトータルの材料費は細かく計算したわけじゃないが、一杯あたり大体百円以下でおさまってる感じです(納豆と同等くらいかな?)。

 世間様の「いくら丼」って高級な食べ物みたいだけど、我が家では「おかずを作るのが面倒だぁ~」って時に納豆やふりかけみたいに簡単に済ませて食べられる「お手軽な貧乏食」だったりしてますねぇ。
 イクラを仕込むのも段取りよくやれば30分程度の手間ですから、とにかくこの時期は手軽に済ませられる便利な食材だったりするわけです。


 もちろんこれは旬の時期だからこそ材料を安く(さらに半額で)買うことができるわけですね。

 旬だからこそ私でもお手軽に買えるわけで、家庭菜園でもそうですが旬に獲れたものを食してる限りは貧乏人でも食生活に困ることはないんですよねぇ…。




スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1239-7b11a17a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。