でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMキノコを発見 …?

 我が家でつくる堆肥の話は過去に何度も書いてますが、今年からお手軽に処理できるよう玄関脇に生ゴミ専用の堆肥場をつくりました。
 大きさは90㎝×50㎝くらいの小さなもので、グチャグチャにならぬよう枯れ草を混ぜたり虫が寄りつきにくい(効果があるらしい)ミントを周囲に植えたりしてます。

 生ゴミ自体はキッチンに置いてあるタッパーに入れてて、一杯になると堆肥場行きです。
 私はコーヒー好きで毎日マメがらが出るから、それにEMボカシを混ぜて床にしてます。コーヒー豆は活性炭のように脱臭効果があるらしいので、そんなに悪臭は出ませんね。


 で、最近発見したのですが、堆肥の中から見慣れないキノコが生えてきてますよ。



 …これって食べられるんでしょうか?などと思ってもみたが食欲のわかない姿だし、もちろん味見する気もありませんが。


 キノコはカビの仲間だそうで、胞子を飛ばして子孫を残すためにあのような姿を出してるとか。
 なので植物でいうところの花みたいなもんなのでしょうか?
 ま、これがEM菌から出たのか土着の菌類からのものなのかは不明ですけど、生ゴミからキノコが出たことが面白いですねぇ。


 そういや今年の春、クルミの木に打ったナメコとヒラタケ(シメジという名で売られてるが)はどうなったんでしょう?
 一応日当たりのよくない地面に転がしてありますが、少なくとも今年は出てくる気配がないみたいです …(^_^;



スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1235-51c500ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。