でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で適地を創る植物?

 世間様は3連休だったようだが、私は人様の仕事で(しかも遠出で早出した上に帰宅も非常に遅かったなぁ)土日は留守にしてました。
 で、今日は我が家で野良仕事してましたが、収穫はこんな感じ。



 …とても食べきれる量じゃないんで、これまた大半をお裾分けですね。


 ところで毎年勝手に生えてくる野菜ですが、これは青ジソ(大葉)です。



 測ってみたら背丈は150㎝前後ありますよ~。もちろん茎も太いです。
 シソは1年草だけど、毎年こぼれ種から勝手に出てきて半野生化してますよ。
 手入れといえば発芽が遅い(初夏)んで、姿が見えたら周囲の草に負けないよう一度草刈りするだけです。もちろん肥料は全くやってません。

 それでも年々大きく生長するようになり、5~6年目くらいになる今年はとうとう1mオーバーの立派な奴ができるようになりました。


 一方植え付けて10年目くらいのミョウガです(雑草だらけでわかりにくいが、手前に見えるのはヤーコンとニラの花ですね)。



 こちらも無肥料放任だけど、背丈は私より高く育ってます。
 写真は花が咲いてからのだけど、大きい方だと思うし最近は毎年こんなのが出てきますよ。




 ちなみにミョウガの大きさについて話すと、ほとんどの人が「ホラ話」と受けとめるみたいです。
 ま、現物を見せる以外に信じてもらう方法はないと思ってますが…。


 読者の方から教わって調べてみた「炭素循環農法」ですが、頭が悪いから未だによく理解できない状況です。
 だけど「毎年その場所で生きることで植物自身が土壌を自らに適したよう変えてゆく」という話は、以上の事例から理解できる気がしました。

 そういや連作(同じ野菜を翌年も同じ場所に作ること)について調べてみても、情報源によって結構違ってたりしますね。
 例えばナス科や(カボチャを除く)ウリ科は「連作不可」と書いてあることがほとんどです。しかしナス科のジャガイモを10年以上連作して問題ない事例もあるし、ダイズとアズキを連作してる婆ちゃんの話も前に書きましたし、…私の頭じゃよくわからない問題ですよぉ~。


 試しに来年は一部でジャガイモの連作を試してみる予定ですが、どうなることでしょうか?
 結局、考えてもわからないことは行動してみて、再び考え試行錯誤するのが一番ですから頭より体を動かすしかないわけです…。
 



スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

毎度ありがとうございます

ニラの花が食べられるとは初耳でした。
早速今晩食してみましたが、意外な美味で驚きましたよ~。
蕾が少なかったから半分以上は種ができる前の花だったけど、開花してからでも十分いけますね。

ニラは刈り取ってもまた蕾が出てくるからあきらめモードでしたが、とても有益な情報に感謝しています。

  • 2010/09/21(火) 22:15:04 |
  • URL |
  • むてっぽー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1226-a677e1dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。