でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご近所さんに聞きたかったこと

 現在の我が家は周囲2㎞四方に私しか住んでない孤立した生活ですが、昔は林道の数百m奥に集落があったわけです。
 どれくらい昔かといえば、ざっと5千年くらい前かな? …そう、日本が縄文時代の頃の話でした (^_^;

 もちろん妄想なんかじゃなく、林道の延長工事が中止になった際に役場が地元に説明会をして、私もそれに出席して聞いた話です。
 ま、昔から遺跡地図に載ってて中止になる(予算が余る)ことがわかってると思われる「公共事業」をなぜ行ったか?についての考察は、ここでは書かないことにしましょう…。


 さて、最近妙な夢を見て興味を持ったんで縄文時代のことをネットで少し調べてみましたよ。
 しかし何しろ大昔のことだから史料がなく、学説も定まってないみたいな感じですね。
 例えば私が子供の頃は「当時は農耕が行われてなく、狩猟生活をしてた」はずが、今じゃ「農耕や稲作も行われてた」説が主流だそうですし…。

 余談ですが古文書とかの記録文書を「事実と仮定して("史実"というそうです」)歴史を組み立てるのを「史学」といい、学校で習う歴史の大半はこれですね。
 一方、遺跡や出土品等の現物を科学的に分析して、当時を考察するのが「考古学」なんだそうですよ。

 私が調べた範囲で興味深かったことは、縄文晩期を除きこの時代に戦争が起きた形跡は無いそうで、集落を防御するための堀や塀なども発掘されてないとか。
 しかも新潟県でしか産出されない翡翠(ヒスイ)が青森や北海道でも(朝鮮半島にも)出土してるそうで、どうやら広大な交易や文化圏があったようですねぇ。
 …それは戦争のない平和な時代がなんと1万年以上も続いたという、こりゃ事実なら凄いことだなぁ!と思いましたよ~。


 そういや高校時代に当時の友人が「人間というのは管理せず放っておけば、必ず争って殺し合いをする生き物なんだっ」と力強く語ってましたね。
 私としては「オマエがそうだからといって人類すべてに当てはまるとは思わないんだが…」と言いたいとこでしたが、反論するだけの知識や自信もなかったんで黙って聞いてたのを思い出しました…。


 
 日本の自然界で無敵を誇るクマだって、人間みたいに面倒な奴と出会ったら(例外的事例を除き)とりあえず逃げるってのは経験済みです(同種が互いに迷惑をかけないよう気遣う本能もあるみたいです)。
 そういや私もたぶん10年以上人とケンカ(言い争い)をしてません。「逃げるが勝ちっ」の理論と効能を教えてくれたのは山の生き物たちですねぇ …(^_^)

 きっと正しくないのでしょうが個人的に想うことは、人と争って勝ち負けや勝利感に恨み辛みが渦巻く面倒な人生を渡り歩くより「他人と争わない」ことを模索した方が単純簡単なんじゃないか?と、今は想ったりもしています。
 
 だけど争い競争しなければ生きられない「システム」に支配されてることも事実で、できることならそこから抜け出したいと現実の中で考えてる山暮らしでもあります。
 出来る範囲で生活をだいぶ整理してきたつもりですが、それでも「イヤな世の中だなぁ…」と想ってしまうことは相変わらず沢山ありますよぉ…。



 そういや友人知人の娘たちと仲良くなると決まって「オマエがあと20年早く生まれてたら、オレのお嫁さんに来てもらったんだけどなぁ~っ」と言ったりしてますよ。
 もちろん子供でもわかる軽い冗談ですから、笑われて済む話なんですけどね (^o^)

 だけどもし、私があと5千年早く生まれてたとしたら、ご近所の縄文集落を訪ねて「生活や人生観」について聞いてみたいものだと想った次第です。

 話じゃ縄文時代はクリやクルミを植林して収穫する食文化があったとかで、クリを栽培した畑?の跡も残ってるそうです。
 そういや我が家の敷地や周辺は、放っておくとすぐにクリやクルミ(とクワ)がやたらに生えて育ってしまう土地でしたよ~。


 うーん、寒くなる前に遺跡の場所で昼寝でもしたら、もしかして今度はもっと良い夢が見られるかもしれませんけどねぇ …(^_^)



スポンサーサイト

テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1210-e3b14b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。