でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘビ屋敷の解体

P5145367.jpg


 数日前から小屋の解体をしています。
今の本宅ができるまでの仮住まいとして住んでいたものです。

この小屋は、あくまで仮住まいとして建てたものなので、基礎は切った丸太を地面に置いただけ。
 当初は3年くらい住むだけの予定で、いい加減に建てたのですが予想以上に本宅の工事が長引いたため、結局6年も住むことになってしまいました。
 本宅に引っ越してからは物置にしていましたが、基礎や土台が腐って傾いてしまい、いよいよ物置にも使えない状態になったので、今年の雪でつぶれる前に解体することにしました。

 久々に中に入ってみると、やはりというかひどい状態です。
住んでいないと、家なんてあっけなく痛んでしまうものですね。室内にはツル植物が生い茂り、あちこちヘビ(アオダイショウ)の抜け殻だらけです。建物が歪んで窓ガラスが割れた箇所もあります。

 当時からヘビに気に入られて同居はしていましたが、私が去った後は完全に奴らの専用ハウスと化していました。
 今じゃ私自身、あの小屋を「ヘビ屋敷」と呼んでたくらいですし。

 これを壊したら連中のひんしゅくを買いそうな気もしますけど、もともと自分で建てた小屋ですし、奴らと賃貸契約を結んだ憶えもないから、恨まれる筋合いはありませんよね。

 解体を始めたら何匹も出てきました。目が合うとチロチロ舌を出しながら去ってゆきます。
作業中に、でっかいミミズが出てきたと思ったらヘビの子供だったり、置き去りのバッグがあったので、開けようとしたら、中から勢いよく飛び出してきた奴もいました。

 私は奴らを好きじゃないし、連中も人間が嫌いみたいなので、出逢えば向こうから去っていきます。
 でも嫌いな相手にケンカを吹っかけるような野暮な奴はいないから、もしかしたら人間より平和主義者なのかもしれません。

 屋根のトタンをはがしていたら、棟からアオダイショウのミイラが出てきました。
死ぬならここで、とでも思ったのでしょうか?
 私だってこの小屋に、当時の思い出や希望がたくさん詰まっていますよ。
解体するのは残念ですが、仕方ないですね。

(ミイラの写真を撮ってアップしようかとも思いましたが、グロ画像サイトと思われたら困るのでやめときました…)


 





 




P5165401.jpg

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。