でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなが好きなトウモロコシ1 …主食として考えてみる

 昨年は低温長雨の影響でか出来の悪かったトウモロコシ("トウキビ"と言う方が馴染みがあるんで以下はそう表記します)ですが、今年はこんな感じでまずまずかなぁ…?



 とりあえず出来はじめの頃に1本収穫して茹でて食べてみたが、とても甘くて美味しかったですよ(生食でもイケます!)。
 トウキビは未熟で甘みののった頃が食べ頃とされてるみたいですね。
 …しかし茹でキビをまともに食べたのは、その1本だけでした。写真の3本は調理素材用に粒を取って冷凍用です。  

 実は私、なぜか知らないが(美味しいと思うのに)茹でたトウキビがあまり好きじゃない。…フルーツ指向なのかどんどん甘くなる傾向に違和感を感じてしまう変わり者らしいです。
 そういや人様の家で出されても強くすすめられない限りは手をつけないし、今まで自分で買って食べた記憶もありませんでしたねぇ。
 
 だけど北海道で食べた飼料用のトウキビ(デントコーン、馬トウキビとか呼んでた)はとても気に入りましたよ~。
 それと個人的にはコーンスープとかカレーやサラダに入れるのは大好きで(ちなみに今日の夕食は自家製コーンや野菜たっぷりの肉無しカレーでした)、なんというか主食や調理素材の感覚で遺伝子にインプットされてるのかもしれません。

 しかしざっと数えたら50本近い苗を植えてしまい、さらに豊作で茹でキビを食べないから大量に余るわけです。
 なので来客があると食べ頃をもいでは「強制お裾分け」してましたね~ (^o^;
 

 それでもまだまだ余って、放置してたら完熟して鳥やタヌキ(ネズミ、カラス?)に虫たちの食料になってしまいましたよ。
 一部ですがアブラムシが大量にたかってアリが集まってるのもあるし、誰が開けたか知らない穴から沢山のアリが出入りしてたりする実もありましたね。
 
 一応鳥獣害よけの網を張りめぐらしてはみたが相変わらずいい加減な作業で、面倒なんで今年は上空に糸も張らなかったから、侵入される余地はいくらでもあります。
 この写真はたぶんタヌキが食べた跡と思われますが、ちゃんと皮をむいて私より綺麗に食べてますよぉ~。
 


 連中からから感想を聞く機会もないのだけど、この状態を見る限りは喜んで食べてくれたんだと推測されますね (^_^)
 ま、農薬も使わず堆肥のみで育ったトウキビですから、山の生き物たちが食べてもそれほど害はないと思いますよ。


 というわけで今日は被害の少ないトウキビを一気に収穫しました。
 これらは食材用に冷凍保存したり、生のまま乾燥し「穀物」として利用したいと考えてます。
 できればこれを粉にひいてパンを作ってみたい希望がありますが、それにはスイートコーン系より向いた品種があるのかもしれません。


 元々甘い茹でキビをあまり好まない嗜好もあるんですが、水事情で水田を作れない我が家ではコメに代わる主食を模索してる事情もあって、トウキビに興味を持ってるこの頃です。


 余談ですが生野菜は一部を除きすぐに傷むから、食べきれず保存しきれない分はどんどん人にあげるしかないわけです。
 それでも余るなら堆肥にして発酵させ、再び大地に還すことになりますね。

 …世の中を支配する「おカネ」というものが、もしも野菜みたいな性質だったなら、世の中はどうなってたんだろうなぁ?
 …などと馬鹿なことを考えてもみました (^_^;
 



スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1189-2f519748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。