でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報の必要性について

 土日の休日は久々に、高校時代の同級生二人が訪ねてきましたよ。

 2年振りと7年振りの再会でしたね。
 東京で会うことは可能ですが、私は自分からマメに連絡したりとかできない性分で疎遠ですから、彼らも休日のドライブついでに寄ってくれたわけです。
 

 山暮らしや家庭菜園には全く興味がないメンバーだから、私もとれたての野菜をふるまう程度です。
 話題の半分は昔話や、当時の仲間たちの近況とかですね。

 一人は誰でも知ってる全国組織の団体職員で、現在は都心の分譲マンションに住み、もう一人はIT企業勤務でなんと20代の時に都内に一戸建てを購入しています。
 ま、どちらもそれなりの大学卒で、私とは一桁年収が違いますからねぇ …(^_^;

 二人とも未だ独身ですから、不自由のない生活だし気楽に旅行なんかもできる身分です。
 団体職員の彼は「今年こそ結婚するぞ!」と高らかに宣言してたから、きっと当てがあるんでしょうね。
 で、「オレは葬式以外の冠婚葬祭は一切お断りだから、こんな格好でも出席できる3次会あたりに呼んでくれ~」と言っておきましたよ (^o^)

 
 というわけで滅多に会うこともないんだけど、10代の一時を共に過ごした関係は気楽でいいもんです。
 私も彼らみたいに東京で働いてた時期もありましたが、早々とドロップアウトしたロクデナシです。
 それでも憶えてくれてて訪ねてくれるのは嬉しいもんですよ。

 ちなみに旧友と仕事の話をする時は、できるだけ「その業界の裏話」を教わるように心がけてます。
 しがらみや利害関係が全く無い旧知の仲なら、気楽に話せることもあるだろうと思いますからね(もちろん決して明かせないことの方が多いでしょうが)。


 …世の中が正論や綺麗事だけで動いてないことは、私だって少ない社会経験から一応は知ってるつもりです。
 今の私はできるだけ「ウソのない生き方」をしたいと想ってはいますが、そのためには「ウソを見抜く」能力が必用だと感じています(こんな田舎の山暮らしでも)。


 余談ですが、前にネットのアングラ情報サイトで見つけた「某ODAで何たらかんたら…」のヤバい噂話に、後で実は高校時代の仲間が関与してたことを知って驚いたことがありましたよ(彼はとある商社でデータのシステム管理をしてます)。

 「地検に呼ばれて一応聴取されたが、政治家の利権が絡む案件だから大丈夫だけどね~」とのことでしたし(事実そのとおりだった)、アングラ情報とほとんど同じ内容を関係者から直接聞くことに説得力がありましたよねぇ…。


 私が山暮らし(というか田舎暮らしのカテゴリーに属する話ですが)を始めて驚いたことの一つに「あの議員は地元企業の○○と役所の△△が親戚で××の土建屋とツーカーだ。そして政党の□□派閥に属してるから○○関係は誰々に頼めば話が通る」なんてことが普通常識的に(大っぴらじゃないが)語られてることでした。

 ある意味、都会のサラリーマンより田舎の百姓爺さんの方が政治を知ってるのかもしれません…。
 そして地方は中央の縮図的なもんかもしれませんね。
 …田舎では選挙を「お祭り騒ぎ、生活の知恵」とか、それぞれにとらえて熱心な人たちが多いんですよぉ。


 私自身はそんな世界に染まる気もないんですけど、とにかく「お気楽な今のでたらめ山暮らし」を維持するために必用な「世渡り知識」だと考えて、とにかくできるだけ情報を集め考えなきゃなぁ…と想ってる次第です …(^_^;



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:アフィリエイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1177-0c53c99f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。