でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水を飲むことやタバコの常識とか…

 まぁ、今日も暑かったですねぇ~ (^_^;

 人様の仕事に出てましたが、屋内と日陰の作業だったんで命拾いしましたよ。
 しかし私(と相棒)は人一倍汗っかきの水分も大量に摂る体質でして、持参した1.5リットルの冷茶と0.5リットルのアイスコーヒー水筒は早々と空になってしまいました。
 そして弁当にいつも入れてる梅干しが塩辛くも酸っぱくも感じられず、とても美味しかったですねぇ…。

 ところでそういや子供の頃は「バテるから暑くても水分は極力摂るなっ!」というのが常識でした。
 しかし私は親から「お前は飯をさっぱり食わずに水ばかり飲んでる子供だった」と言われるほどのガブ飲み体質だったので、同級生から白い目で見られ先生に告げ口されてよくしかられてましたよ…。

 それが今じゃ「こまめな水分補給が大切…」とか言ってるんですからねぇ。
 …あの頃「水を飲むなっ」と偉そうに語ってた先生方は、腹を切って責任を取ったんでしょうか?
 だからもう私は、自分の体や感性が告げることを一番に受け止めて生活するよう心がけてますよぉ。

 その方が例え間違ってたとしても「自己責任だな」「オレが間違ってた」と単純に片付くわけで、誰かのせいにして揉めて騒いだりする手間が省けますからね (^o^)


 そんな調子で世の中の常識なんて、私同様にいい加減なもんだと思ってます。
 それにマスコミがからむとさらに「集団ヒステリー」的状態になるような気がしてるんで、最近はごく一部の番組を除いてテレビを一切観ない生活ですね。


 余談ですが私はタバコを吸うから至る所で肩身の狭い思いをしてるのだけど、個人的には世間じゃ常識の「嫌煙権」なるものは喫煙者に対する差別弾圧だと感じることがありますよ(それを知っただけでも喫煙した意義があったと考えてます)。

 「百害あって一利なしっ」と正義の言葉?で切り捨てられてしまうから、議論する余地もないのですが…。
 ま、タバコに関する文献はいろいろと読んでみたつもりですが、これ以上非常識?なことを書いてコメント欄が荒れるのは不本意だから、機会があればいつかまた書いてみたい…ということにしておきますね。
 
 ただ、私の付き合う範囲では喫煙者の知人に花粉症の人はいませんし、10年続けた禁煙をやめたことで花粉症が治った友人がいることも事実ですよ。
 そんなに目くじら立てなくても、他人(嫌煙者)に迷惑かけないなら「たかが嗜好品」じゃないかよぉ…と想うんですけどねぇ。


 ちなみに仕事の社長は大のタバコ嫌いなんで「車の中や現場(職人たちとの一服時間も含む)でさえ、一切喫煙するなっ」と相棒に指導してるそうです(私には直接言わないが)。

 しかし私と相棒は大のタバコ好きなんで「タバコでも吸ってなきゃ、やってられねぇよぉ~」と、車内に消臭剤を撒きながら無視してたりします …(^o^;



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:アフィリエイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1176-b0a0992f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。