でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意思表示をしながら共に生きてる…

 先日の夜明け頃、カラスの声を久々に聞きましたよ。
 今年は季候も良いし今時はエサも豊富だろうから、我が家に寄りつかなくなってたんですかね。

 で、寝室の窓から顔を出して見ると、我が家のトマトを凝視しながら「カァ~カァ~」と明るく通る声で鳴いてます。
 たぶんこれはエサがあることを身内に知らせてる合図と思われます。…私も連中との関わりが長いんで、ある程度は見当がつくんですよ (^_^)


 もちろん私が見過ごすわけもなく飛び起きて、ナス科の畝(トマト類とナス、ピーマン、シシトウ、パプリカが植えてある)に防鳥網をめぐらせました。
 奴等はトマトとナスを落としては数カ所突っつくだけで、結局は全部食べないんですよねぇ。…たぶん好奇心のイタズラが主な目的と思われます。

 ま、その日は出勤前の忙しい時間だったから、とりあえず急いで適当に張っただけで侵入する隙間はいくらでもあります。
 それでもカラスへの意思表示というか話は通じるらしく、いい加減でも私が網をかけたら以降は手を出しませんよ。
 そして網をちゃんと張っておけば他の動物(ウサギ、タヌキ、ネズミ等)も悪さをしませんね。
 …知人農家の話によると、連中は警戒心が強いから不可解なモノに出会うと近寄らないそうで、タヌキやウサギなら釣り糸を張っておくだけで撃退できるそうですよ。

 余談ですが、自然に発芽してきたり脇芽を刺して増殖してるトマトには網をかけず「勝手に食ってくださいっ」と放置してるんで、独り占めしてるわけじゃありません。


 ちなみに我が家でもっとも動物の被害に遭う野菜はトウキビ(トウモロコシ)でしょうね。
 ナスやトマトにエダマメ(大豆)とかは多少の被害を気にしなけりゃ、ある程度の数を植えれば私が食うに困らないのですがトウキビだけは全滅に近い被害を被りますよ~っ。 …きっと連中(タヌキやカラスと思われる)も大好物なんじゃないでしょうか?

 というわけでヤングコーン(間引きトウキビ)を収穫してから、今年も網を張っておきました(写真じゃよく見えませんねぇ)。



 新たな工夫としては説明書通りに張り綱を使うと手間と時間がかかるんで、今年はとりあえず網だけ張って後から所々をビニール紐で吊り上げてみました。
 地面の部分は安上がりなマルチ用のプラ杭で引っかけるようにして、どこからでも網をくぐって入れるようにしてみましたよ。
 
 我が家では安価な(長さ18mが百円台で買える)防鳥網を毎年使い捨てにしてますが、そろそろ何年も使える丈夫な網を使ってみたい気もしています。
 だけど幸い我が家にはイノシシやクマ(数年前に騒動が起きたが駆除された)みたいに強力な動物は出没しないんで、今のところはこの程度の軟弱な網でも獣害を防げてるんですよねぇ…。


 ところで本日の収穫ですが、こんな感じ(キュウリだけは昨日の分も含む)。



 トマトは甘く酸味も濃くて、自家製野菜の醍醐味を堪能してるところです。
 堆肥や人糞を追肥したキュウリも、最近は独特の香りが強くなってきましたねぇ (^o^)
 そして左上は初収穫の「一口メロン」なんですが、まだ熟してなかったらしく苦くて食えなかった…。なのでとりあえず糠床に突っ込んでおきましたよ…。

 うーん、すでにキュウリやトマトとかは私ひとりじゃ食いきれない状況ですね …(^_^;
 なので友人に「お裾分け」してる状態ですが、もうすぐピーマンやシシトウ類も同様になるでしょう。


 自分勝手な思い込みでしょうが、最近は野菜と共に生きてる実感がありますねぇ。
 …日本語も含め無言有言の会話をしながら、出来る範囲での意思の疎通をしてるつもりでいます。


 …で、このまま寒くなって別れるのは名残惜しいから、できるだけ種を採ってみたいと考えてますよ。
 そして来年もまたその種から再会できて一緒に生活できたら、こんなうれしいことはないでしょうねぇ …(^_^)





スポンサーサイト

テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1173-dfab9642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。