でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不純で適当に楽しく生きる …1

 我が家ではコーヒーや料理にブラウンシュガー(てんさい糖、きび砂糖)や黒砂糖を使用してます。
 砂糖(蔗糖)の純度は一般的な上白糖(白砂糖)が上だけど、不純物の多い方が味わい深くなると思いますねぇ。

 ただしコーヒーに黒砂糖だと元の風味がわからなくなってしまうし、果実酒とジャムに梅シロップとかは純度の高い砂糖の方が素材の風味がキリッと引き立つ気がして上白糖を使ってますけど。


 昔「自然食」の本を読んでた時に書かれてたことで本当なのかわかりませんが「動物は純度の高いものを消化吸収することが苦手で体に良くない」という、あいまいな記憶がありました。
 要するに白米より玄米、白砂糖より黒砂糖、白い小麦粉より全粒粉の方が体には良いそうです。
 ちなみに私が現在一番気に入ってる塩を見たら、塩化ナトリウムが80%くらいの粗悪品?でした…。
 

 ま、確かに自然界では純度100%で存在してる物質は思い出せないわけで、水や空気だって微量(というか結構な)不純物が混じってますよね。
 しかし世間様では一般に成分以外にも純度の高いモノが好まれる傾向があるようで、その方が規格化しやすく経済的にも有利なのかもしれません。

 野菜なども定められた(定めるのは一部の人間ですが)施肥や育成管理をして、規格分けされた「商品」が店頭に並ぶわけですね。
 純度の高い栽培を極めた先は「水耕栽培」なんでしょうが、我が家みたいに人糞や「そのうち腐るならなんでもいいやっ」と思いつくまま有機物を突っ込んだ堆肥での栽培は「不純きわまりない」汚わらしい野菜なのかもしれません。
 
 ついでに人間なんかも野菜同様に株間と条間を整えた机を並べて「生産管理と規格分け」をしてるみたいです。
 あ、人間様の場合は「教育と競争」と言うんでしたっけ…。


 …うーん、考えがまとまらず、わけのわかんない話になってきました…f(^_^;
 

 …えっと、とりあえず世の中で「価値」とかいうものの純度を抽出蒸留したのが「おカネ」というもんじゃないか?と、個人的には考えてますよ(その抽出方法に問題ありな気もしてるが)。
 例えれば日本酒を蒸留してつくったエチルアルコールみたいなもんで、保存性も高く殺菌消毒等の応用範囲もさまざまに広いわけです。…もちろん再度薄めたら酒にもなりますしね。
 …だけどそこには元々あった醸造酒の旨味や味わいは無く、酔うために必用な最低限のエッセンスしか残ってません。

 でもアルコールが虚構のアルコールを無意味に増産して、酒本来のおいしさも知らずにアルコールに飲まれて死んでしまうのは面白くありませんねぇ…。


 現代社会じゃ生きるために必須のおカネですが、その価値を裏付ける根源は(貴金属の)金でしょうか?。
 だけどその金すら純度100%の金塊で産出されるわけじゃないし、やっぱ人間も何事も適当に不純物が混じってた方が自然な姿なのかもしれません。


 だから生きる手段として働いて得たカネのみじゃなく、野菜を植えてみたり不用品をもらったり交換したり、お互い様で損したり得したりしながら、一つのことに打ち込まず適当に浮気したりサボって昼寝したりしながら「雑多で純度の低い」生活をいい加減に楽しんでます。

 …ま、規格外のロクデナシには、こんな生き方しかできないのが現実なんですけどね (^_^;



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1171-e09e12ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。