でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトに生き方を聞いてみる

 我が家の家庭菜園ですが、最近収穫が始まったのは「トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、シシトウ、ズッキーニ、エダマメ、ヤングコーン(間引きトウモロコシ)」とかですね。

 特にトマトは今年なぜか思い入れが強くて、朝晩できるだけ最優先に声をかけるようにしてますよ。
 で、最近の状況はこんな感じです。


 こちらは普通のミニトマト。


 
 そしてミニだけど黄色いトマト。



 でかトマトは福寿と桃太郎を植えてます。



 どれも露地でしっかり完熟させてから食べると、甘みと酸味が調和しててとても美味しいっ!
 ま、プロの知人農家が永田農法でつくったトマトには及ばないけど、我が家でそれに迫るトマトが食べられるのがうれしいですよねぇ …(^_^)

 他には種苗メーカーのブランド品も数本植えてますね。
 デルモンテとかが出荷してる高い苗だけど、例の安売りホームセンターが百円で投げ売りしてたから試しに買って植えてみましたよ。


 ところで一番楽しい食べ方は収穫した株の目の前で食べ、その場で感想を言うことかな。
 無農薬だから洗う必用もないんだし、首に掛けたタオルでサッと拭き取って「うんめぇ~、甘くて美味しいよオイっ」って素直な笑顔が出たなら、トマトも喜んでくれるんじゃないでしょうか…。


 メインで植えてるトマトは、一応支柱を立てて脇芽をかきながら手入れしてるわけです。
 そして芽かきしたのを地面に植えて定着したのは、自主性に任せてどうなるか?
 …放任して観察してます。
 で、その中の一つなんですが…。



 写真じゃわかりにくいんで状況を説明すると、
 支柱を立てないから、やがて倒れてカボチャみたいに地這い状態になりながらも這った先から脇芽(腋芽)を立てながら進んでますねぇ…。
 しかも地面に接した節から根が伸びて、ちゃんとそこで独立した苗になってるわけです。

 …前にミニトマトを放置して地這い状態で見てたことはあるが、真面目に生育を観察したわけじゃなかった。
 しかしこれを見る限り手入れ次第では、脇芽を取らず上手に繁殖させる方法があるんじゃないか?なんて想いましたよ。
 ま、憶えてたら来年の課題ですねぇ…。


 私は農家じゃないから収量(金銭的利益)をあげる必用はないわけです。
 
 …野菜に関して求めてるのは「とにかく健康に育ってくれて、食うに困らない収量があればいいや」ってことなので、やってみて様子を聞きながら(読解力が試される課題だなぁ…)私と連中の一番都合がいい生き方を共に模索することでなんでしょう…。


 


スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1167-d5b28f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。