でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスの立場で生きること …?

 先日友人のひとりから「夜明け前に出て行くし、迷惑かけないから泊めてくれないか?」との頼みがありました。
 もちろん私は独り暮らしで何の支障もないから快諾したわけです。

 あまり詳しく聞いてないんで詳細は不明ですが、彼は入学前の幼い子を抱える父親でもあります。
 で、仲間から誘われた登山にどうしても行きたくて、職場には「家族サービスがあるから」、家族には「泊まりの仕事があるから」と偽って休暇を取ったみたいですねぇ(浮気とかじゃないことは知ってるし)。

 …はい、匿名ブログだからこんな話題を書けるわけですよ~ (^o^)

 
 ま、私は結婚したことも親になった経験もないからわかりませんが、人様の家庭を見て想うことがあります。
 それは母親って自分で出産したせいか家庭を持つと、生活や人生のすべてが子供中心になり、その子のためなら命を投げ出すほどに度胸がすわってる感じがしますね(皮肉ではなく、本当に女性を尊敬する部分のひとつです)。
 一方父親ってのは、もちろん家族や子供は大事な生きがいだけど、それでもやっぱ個人で気の置けない時間を持ちたい願望があるみたいです(特に趣味分野や男同士で気楽に遊べる時間を)。

 親子ってもしかしたら子供目線で親身に付き合える母親と、一歩引いて大人として接する父親のバランスが絶妙三角形なのかなぁ?…って感心することがよくありますよ~。


 ところで山で暮らす野鳥たちですが、最近はウグイスや大好きなツグミたちもあまり鳴かなくなりましたねぇ。
 …たぶん最近は子育てに忙しいんじゃないでしょうか?
 ちなみに美しい声で鳴くような、無駄なことをするのはオスばかりだそうです。

 だけどウグイスは縄張りじゃない我が家の敷地に時々やって来て、例の「ホーホケキョ(ホートッポジージョ、ポーポテチョ)」と短時間鳴いては去ってゆきます。
 ツグミたちも近頃は脳天気に一日中歌ってるほどヒマじゃないようですが、日に数回(特に日が暮れて少しヒマになった頃?)は発声練習をしてから短時間歌ってますよ。

 
 そういや動物たちは「弱肉強食」の厳しい世界で、悲壮な生き方を強いられてるように人間界で解釈されてるようですが、お馬鹿な私にはとても信じられない話ですねぇ。
 …だって連中の歌声を聞いてるととても楽しい気分になれるんだから、たぶん歌ってる本人はもっと楽しいはずですよぉ~。
  

 そういや私だって山の生活そのものが楽しくて生きがいに感じてるんですが、たまには山を離れて旅に出たり出稼ぎ生活なんかも楽しめてるわけです。

 よくわかんないけど突き詰めて考えれば種付け以外に能がないオス(男)というのは、クソの役にも立たないことに価値を見いだす生き物なのでしょうかねぇ …f(^_^;




スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:アフィリエイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1131-9bc2b75a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。