でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"わら一本の革命"を読み終えて

 昨日のことですが福岡正信さんの「わら一本の革命」を読み終えました。
 この本は自然農法や自給自足を目指す人たちのバイブル的存在らしく、信者も多いそうですね。


 私は十年以上前に買って読んではいたのですが、当時は「耕さず、肥料もやらず、除草せず」で米麦や野菜をつくる方法があるんだぁ?って程度の認識で、そのまま書庫で眠ってましたよ。



 もともと読書家を自負してた私は実家で世話になってた冬季こそ図書館通いをしてましたが、山暮らし中は忙しくてトイレの中だけが唯一の読書時間だったりしてます。
 ところで今回久々に読み返してみて思ったのは「これは農業の本じゃなく、氏が提唱する"無の哲学"を実証するための"自然農法"を一部で取り上げたに過ぎない」のかな?ってことでした(中でも書かれてますし)。

 「無の哲学」ってのは私の貧弱な脳ミソでは理解しがたく、そこまでの達観には当分(一生?)到達することは難しそうです。
 だけど「あれも不要…これも不要」と労力や価値観を切り捨ててゆく生き方は、何となく理解できるかもしれません。
 
 私自身も若い頃は、せっかく人様から与えていただける身分や地位を自分から断って逃げ回ってましたからねぇ。
 そしてその行き着く先が今の山暮らしです。だけど若くもないロクデナシに美味しい話をくれる人はもういませんよ …f(^_^;
 
 私には家族や子孫もいないことですし「野垂れ死にもOK」と割り切って、その結果お気楽な日常を手に入れました。
 ま、とりあえず地元の人たちの手伝いをしながら、年収50万でも何とか生き延びる術を模索するのが今の目標でしょうかねぇ…。


 ところで福岡正信さんの本は3冊持ってまして、以下の本もこれから(トイレで)読み進む予定です。





 そういや先日、仕事の相棒と移動中に田んぼを眺めながらの会話です。

 「…人間が一人生きるのに田んぼの面積がどれくらい必用なの?」
 「俺の食事量ならコメ(玄米)が年間50㎏もあれば十分だから、1畝(100㎡)の田んぼと、同じくらいの畑があれば大丈夫かなぁ…?」
 「じゃあ、たかだか10m四方(1畝)の田んぼと畑を持ってるだけで、人間一人が生きてゆけるんだ?」
 「うーん、あくまで計算上の話だけど…それに薪や家の材料にする山林も必用だろうけどねぇ」

 「それだったら、何で一所懸命に毎日働きに出ないといけないんだろ?」
 「もしかしたら世の中のシステムって、根本的にインチキなのかもしれないよねぇ…」

 …なんて与太話は浮世で生きるに無用ですよね。
 あくまで暇をもてあまして話した戯言ですよ…。


 やっぱこの世で生きるに「おカネ」は必用ですから、私も最低限はせっせと稼がないと大好きな山暮らしもできないわけです …(^_^;



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:アフィリエイト

コメント

僕もわら一本の革命10数年前呼んで、耕さないで上手くいくかやってみましたが挫折してしまいました。
それでもなんとなく、てまひまかけなくとも美味しい野菜が出来ないかと思っていましたところ・・・
木村秋則さんが、1個2万円のリンゴを無肥料、無農薬で出来たというニュースが一昨年あり、よし、また野菜作りをしようと、昨年秋からはじめました。

そして、農文協の現代農業を読んでいると、塩まき農法と土ごと発酵の記事が目新しく、さっそく取り入れています。

そんな中、土ごと発酵と仕組は似ているんですが、炭素循環農法と言うのですが、これに今は嵌まっています。

自然農法は、自然にまかせるんですが、自然にまかせると、人は関係ないので、福岡さんも自然を参考にして、いろいろちょっかいはするような農法です。

炭素循環農法は、自然を参考にして有機農法より美味しい野菜をつくり、科学農法より収量も上がる農法です。
そんな事がありえるのかと普通は思うのですが、実際その農法を実践している例とかブログなど見てみると、成る程なーと思い・・

これなら誰でも簡単に出来るなーと目からうろこです!
しかし、それには有機資材とくに炭素資材が必要です。山にはタダみたいに大量に確保出来ますが、僕の近辺にはあまりないような・・

でもムテッポーさんのところは山間の畑のようなので、この炭素循環農法はぴったりかもと思いますよ。
ヤフーの検索で、たんじゅん農法か炭素循環農法で調べると、すぐ見つかりますよ!

いつもブログ楽しみにみています!

  • 2010/06/02(水) 22:04:15 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

自然農法ですが、薮の中に種を蒔いただけじゃ上手くいかないことは私も経験しました。

「奇跡のりんご」は私も読みましたよ。
最近は自然系の農法がメジャーで話題になるようになり良いことかと思いますが、逆に食糧問題が間近に迫ってるのかとも考えました。

炭素循環農法は塩まき農法を調べた時に出会いましたよ。
しかし詳しいことは知らないので、これから調べてみる予定です。 

何年か前に自家製堆肥が足りなくたった時、試しに雨ざらしで腐ったオガクズを代わりに入れてみたところ肥料となり食味も良かったことを思い出しました。
今年は広葉樹の薪を腐らせてしまったものがあるので、それを試してみようとも考えてるところです。 


  • 2010/06/03(木) 21:22:47 |
  • URL |
  • むてっぽー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1099-fcb014be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6月1日のレコメンドなニュース&まとめスレ---善意の崩壊、フェラーリブランド、ジャンクフード、生きるためのエネルギー

若年層の献血離れ深刻 10年前のほぼ半減 http://news4vip.livedoor.biz/archives/51551004.html 善意の崩壊ですね。これまでの常識が崩壊しつつある社会、...

  • 2010/06/01(火) 20:26:21 |
  • 深夜ニート(旧レフタブログ)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。