でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギに塩を送る

 先日「畑に自然塩を撒くと効果有り」との情報を頂いたので、ネットで塩まき農法や「にがり」について少々調べてみました。

 で、何だか良さそうな感じなので、とりあえず最初はタマネギとニンニクに撒いてみることにしましたよ。
 我が家ではネギ類、特にタマネギとニンニクがどうしても大きくならず困ってましたからねぇ(不思議とニラだけは大丈夫なんですが)。


 タマネギに関しては私もいろいろやってはみました。
 堆肥や人糞はもちろん木灰に薫炭や骨粉等々、さらに「タマネギ用」と銘打った有機入りの化成肥料も試したけどダメでしたねぇ。
 唯一改善が見られたのが薪ストーブの灰だったけど、それでもピンポン球程度になるのがやっとでしたよ…。


 前に農作物の微量元素(要素)について書かれた本を読んだことがあるけど、土地と作物の相性や作柄にそれが大きく関わってるとのことでした。
 なので土壌成分を分析して不足分を入れることで改善されるとの主旨だったと記憶してます。
 たぶんネギ類の場合、必用な微量元素の「何か」が不足してるんじゃないか?と考えてはいましたが、何せ貧乏だから研究機関へ依頼する予算も無いし、それ以前にこの田舎でどこに持ってゆけばいいかもわかりませんしねぇ…。

 しかし考えてみたら自然塩のにがり成分には相当な微量元素が含まれてるそうで、それなら犯人を捜索するより何でもいいからとにかく撒いてみた方が手間もカネもかからず仕事が早いわけです。…どうせ「微量」なんだから悪影響もなさそうですしね。


 で、どの塩を撒くかなんですが、私は密かな塩マニアでして岩塩も含め十種類以上をあれこれ持ってたりします(高価なモノには手が出ませんが)。
 海水のにがり成分が入ってたらとりあえず良いだろうと思ったけど、見ると成分に結構バラツキがありますね。



 写真は私が普段使ってる安い塩ですが「カルシウム、マグネシウム(苦土)、カリウム」といったにがりの主成分がかなり違ってますよ(どれも植物に必須なミネラルだそうです)。
 …私にはよくわからないし、それ以外の微量元素が目的だから「とりあえず安い方の塩にしておこう」と安易な結論が出ましたが (^_^;


 さらに問題なのはどれ位の量を散布したらいいのか?ですが、こちらのサイトを参考にしました。

http://www.k5.dion.ne.jp/~akitoson/siomaki.html

 …ネギ類なら反当たり100㎏入れても大丈夫みたいですが、今回は実験なんでとりあえず半分位と思われる量(大ざっぱな目分量ですが)を撒いてみましたよ。



 ま、タマネギは他人様の畑じゃそろそろ収穫時期だから手遅れかもしれませんが、まずはこれで様子見です。
 ついでにニンニクやラッキョにも塩を撒いておきました。

 微量元素が目的なら塩よりにがりを希釈して撒いた方が効果的な気もしましたが自然系のにがりは高価みたいだし、やっぱ塩を使った方が安上がりなのかな?とも思いました。
 それに雨が多い日本(というかこの地域)では流出しやすいだろうから、別に塩でもいいんじゃないか?と考えてます。


 ところで前例のないことをする場合、会社とかの組織なら会議を開いて上司や同僚を説得するとか、家のことなら家族に相談して同意を得る必用がありますね。
 その点私は独り暮らしですから、自分ひとりで決断することができます。

 そして今日は朝から雨もやんだことだし、良さそうと思ったことは「すぐに実行!」ですよね~っ (^o^)






スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

読者になります

リタイヤする時栃木の山奥で暮らして見ようと思いましたが結局取り止めました、何となく貴方の環境に似ている気がしたのでコメントさせて頂きました、時々訪問させて貰います、

Re: 読者になります

コメントありがとうございます。

ブログを拝見させていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2010/05/26(水) 22:41:55 |
  • URL |
  • むてっぽー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1090-314d0230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。