でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとジャガイモ植えました

 昨日開墾した場所に今日はジャガイモを植え付けました。

 今回はあまり元肥を入れずにやってみることにして、堆肥を軽くひとつかみだけとしました。



 これは一昨年仕込んだ堆肥で、材料は刈った草と枯れ草に落ち葉や細かい枝等、それに鶏糞と生ゴミを混ぜて積んだものです。
 繊維が豊富だから、これをたっぷり入れるとガチガチの粘土質も1年でフカフカの黒土になりますよ (^o^)
 昨春使って余った分は袋に入れて保管しながら使ったけど、まだ3袋残ってました。
 2年ものなら十分に完熟してるだろうから、少々入れても悪影響がないと考えたわけです。


 それから今年初登場の新兵器がこれ。



 穴掘り機ですね。
 近所の「すぐに投げ売りするホームセンター」で千円の処分品でした。

 ジャガイモは中間の手入れで土寄せ作業(私は2度行う)をするんですが、それを想定して畝に深めの溝を掘ってから例年は植え付けてました。
 溝掘りは結構面倒だから、今年はこれで手早く穴を掘って済ませようと思って種イモを植えた後がこの写真。



 最初の土寄せは株間の土で埋めて、2度目は左右から寄せたらいいかなと考えたわけです。
 しかし詳細かつ具体的に考察して決めたわけじゃないんで(要するに思いつき)「具合が良ければ来年もやってみようか」という程度のアイデアですね。
 
 緑色した棒は園芸用の支柱ですが、30㎝おきにマジックで印を付けてます(両端は15㎝の位置にも)。
 今年は株間を30㎝に決めたので、いわゆる目印の「バカ棒」ってやつですね。
 今までは35~40㎝位で植えてたけど、株間を詰めた方がイモは小さくなるが収量が上がるそうです。
 私は独り暮らしで少食だから、でかいイモは必要ないんで試しにやってみたけど、ネットで調べたら25㎝にしてる人もいましたねぇ。


 ところで今回は9品種のイモを植えました。
 男爵とメークインは定番ですが、個人的にお勧めなのは皮も中身も紫色の「シャドークイーン」と、クリやサツマイモみたいな風味の「インカのひとみ」かな。
 他には「キタアカリ、とうや、はるか」に、今年初挑戦の「ノーザンルビー(皮も中身も赤い)、紅あかり」ってとこです。
 
 それと間に合うなら、もうひとつ畝を作って「レッドムーン、アンデス(赤)」も植えてみたいものです。
 …もう、完全に「イモマニア」になってますねぇ (^_^;
 ちなみに今年は市販の種イモを買わず、すべて昨年収穫したやつと食用で売られてたイモを植えてます。


 ところで今年はジャガイモの植え付けが今までで一番遅いかも。
 旧暦によれば季節が昨年より半月遅れてるから、それで見ると今が例年通りの植え付け時期なんですが太陽暦の二十四節気ってのもあるわけで、やっぱ遅いんじゃないか?と考えてますよ。

 だけど昨年は4月中旬に咲き始めた菜の花(アブラナ科の花)が今年は今頃なんで、どうなるか見物だよなぁ…とも考えてもいます。

 ま、季節の遅れを取り戻して一気に夏が来たら、まともなイモに生長しないのは明白ですが(気温が30℃を越えたら枯れてしまう)病虫害も含めて「植えたら後は、自然に任せて見守るしかない」のが現実なんですよねぇ。
 
 果たしてどうなることか…。


スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1069-2f79b3c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。