でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのキノコ栽培

 連休は先ほど最後の来客が帰宅して、再び独りの山暮らしに戻りました。


 さて、一昨日腰を痛めてハードな作業ができなくなったので、比較的負担の少ないキノコの駒打ちをしました。
 原木は年末に倒しておいたクルミで、種類はナメコとヒラタケ(商品名はシメジ)です。
 木の太さは10~20㎝位のを選び、長さは90㎝程にカットしました。

 キリ(ドリル刃)はストッパー付きで同じ深さに穴あけできる専用のを購入。
 作業風景はこんな感じです。



 ちなみにキノコの原木栽培は、もちろん初めての経験です。

 手順としては穴をあけて菌を培養した駒を打ってゆくわけです。
 間隔は縦(木の繊維方向)が20㎝おきで横が10㎝おきとしましたが、後で調べたらその倍くらい打つ必要があったみたい。
 ついでにヒラタケは木口から発生する傾向があるそうで、短くて太めの原木に打つ方が向いてるとか。
 相変わらず行動してから、考え調べる性格なんで困ったもんですね …f(^_^;

 ま、これでも要するにキノコの菌が全体に回れば問題ないわけですが…。
 で、とりあえず今回はこんな感じ。



 この後散水してブルーシートを掛けておきました(仮伏せ)。
 そしてしばらくしたら地面に並べて発生するのを待つわけです(本伏せ)。


 ところでナメコとヒラタケはクルミの木と相性が良いそうだけど、好物のシイタケはナラかクヌギじゃないと出ないって地元の年寄りから聞いてました。
 しかしネットで調べたらクルミでも一応は出るみたいですねぇ。

 どうせキノコを作らない残ったクルミは薪にしてしまう予定なんで、試しにシイタケを打って様子を見ようかと思いました。

 



スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1060-724ff3ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。