でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越冬野菜の今

 これから畑の準備をするわけですが、その前に野菜の越冬状況を見回ってみました。

 香味野菜の類は丈夫なので雪が溶けると顔を出しはじめます。
 ワケギ(アサツキかな?)は春と秋の2度出てくる便利なやつですが、もう株分けしないといけませんね。



 ラッキョやニンニクも元気ですが、写真は種を植えて3年目のニラです。



 発芽した1年目は糸みたいに細かったけど立派に生長しましたよ。

 そして好物のギョウジャニンニクも出てきました。



 肥料もやらず全くの放任状態にしてますが、野生だと太くなるまで何年もかかるそうです。
 肥料を与えるべきか、そろそろ植え替えた方がいいのかと考えてるところです。

 こちらはやはり3年目のアスパラ。



 やっと鉛筆くらいの太さになったがまだ細いです。これも肥料が足りないのかなぁ?

 紫キャベツは雪でひん曲がったけど生きてましたよ。



 このまま薹が立たないで玉になったらいいのですが。
 普通の緑キャベツは結球してましたが、直径15㎝位と小さくて実家に送るほど立派じゃありませんでした。

 ノザワナはすでに薹が立ちつぼみを付けてます。



 …漬け物は無理かな? 葉よりもつぼみを食べる時期みたいですね。

 雪でペシャンコになったイチゴも復活して新しい葉が出てきました。




 面倒なのでこの辺にしときますが、あとはプランターに植えたセロリ、パセリ、サニーレタス等が生きてました。
 セロリは昨年も生き残ってて、しかも株分けしたら増えましたよ~。
 同じ仲間(セリ科)のパセリもやってみる予定だけど、どうなるでしょうねぇ。


 というわけで大雪にも負けずに生きて春を迎えた野菜達に出会うと、私もなんだか元気が出てくるという話でした (^_^)


 
 
スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1054-9755802a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。