でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年こそ理想のキッチン

 相変わらず図書館通いしてるわけですが、最近はキッチン(台所)に関する本をよく読んでます。
 ちなみに現在借りてるのはこれです。



 我が家も一昨年からキッチンの改装を始めましたが、シンク(流し台)周りと給水関係をやっただけで工事が中断してます。
 それに昨年は他のこと(畑の開墾等)が忙しくて好きな大工仕事ができませんでしたよ。

 独り暮らしの自炊生活だからキッチンは毎日必ず作業する場所です。
 なのでここだけは合理的で快適に使えるようにしたいと考えてるわけですね。


 仕事柄、建築現場も含めていろんな家庭を訪問するけど、いつも決まってキッチンを注視しますね。
 田舎は建て売りや規格品のパネル住宅とかより在来工法の注文住宅が主流だから、施主さんの趣味や理想を形にした家が多いと思います。
 そのような家は奥さんが設計に積極的だったりして、特にキッチンを見学するのが面白くて興味深いです。
 
 実際に使わせてもらうのが一番参考になりますが、そうもいかないから話を聞くとか想像したり本を読んでみたりするわけです。
 そういや今は実家で炊事する機会が多いけど、狭いのが逆に幸いしてほとんど歩かずに手が届くのは楽ですねぇ。
 我が家でもよく使うモノは身の回りに配置して、テーブルもすぐ近くにあった方が仕事が早そうで参考になります。
 
 ただ、シンクの高さが低くて猫背になるのは疲れますね。身長150㎝の母には快適だろうが175㎝の私にはつらいもんがありますよ~。
 ま、我が家は165㎝くらいの人が一番快適になるように考えて作ったから問題ないのですが…。
 ちなみに自分の身長に合わせなかったのは来客に炊事してもらうことが多いからで、あれくらいなら160㎝前後以上の人なら問題ないと考えたわけですね。


 というわけで資材は昨年でだいたい集めてあるし、今年こそは時間を捻出して「理想のキッチン」工事の続きに取りかかろうと考えてます。
 始まったら備忘録ついでにブログにアップする予定です。

スポンサーサイト

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1039-713d3525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。