でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の思い出むかし話1 …カブで日本一周できなかったこと

 昔の話ですが、旅の思い出とかを少々書いてみます。


 仕事を辞めて実家に戻った時に、最初にやってみたかったのが「日本一周」でした。
 すでに山の土地は購入済みでしたが、その前に思いっきり自由を満喫したかったわけです。

 しかし中型のオートバイはとうに売り払った後で、手元にあるのは通勤用に買ったスーパーカブのみ。
 「うーん、これで行くしかないだろうなぁ…」と消極的理由からカブ号に決定したわけですね。

 それでも予算は足りないが、早く出発しないと夏が終わってしまう!
 ま、宿代0円(すべて野宿キャンプ)で食費を1日千円以内に抑えれば3ヶ月は大丈夫だろう…と大ざっぱな計算はしてました。
 だけどやっぱり不測の出費も多いし、気分優先に動くもんだから考え通りにいきませんでしたね。


 とにかくカブに乗って東京から信州経由で新潟に抜け、東北を走りながら北海道を目指しました。
 河原に空き地や砂浜に無人駅等々、いろんな場所で寝ましたね。で、人が来る前に早起きして撤収出発の毎日です。
 そして青森からいよいよ憧れの北海道へ。生まれて初めて本州を離れたんだけど感慨深いものがありましたよ~。

 北海道の良いところは無料のキャンプ場が沢山あって、安心して寝る場所に困らないことでしたね。
 そしてキャンプ場には長期滞在の旅行者がいっぱい集まってまして、安上がりの共同自炊をしながら一緒に飲んで旅の情報を語り合ってました。
 しかも驚いたことに郵便物は届くし拾った野良猫を飼ってる奴も居る。さらにキャンプ場の住所で運転免許の更新をしてる人もいましたねぇ。
 で、そこからアルバイトに通ってる人もいて、私も誘われて数日一緒に働いたわけです。


 …企業に勤める生き方以外知らなかった私にとって、もの凄いカルチャーショックを受けました。
 「総理大臣から乞食まで、結局は食って寝ることに変わりないんだよなぁ…」って、当たり前のこと?に気付いて感動しましたねぇ。

 それからも楽しくて驚きの体験が続き、しかも旅人同士の横のつながりや情報網が凄くてキャンプ場を移動するごとにどんどん友人知人が増えてく状態でした。
 結局は北海道にハマってしまい2ヶ月弱滞在。日本一周どころか半周もできないまま実家に戻りました (^_^;

 だけど後悔は全くありませんでしたよ。
 「自由な旅が好きっ」という共通の価値観だけで、年齢や出身も職業(無職が多かったが)も全く異なる人同士が対等に付き合えるのが新鮮だった。
 それに過去や利害関係のしがらみもなく、素性も本名も知らない人たちと「ささやかな善意と連帯感」でつながる関係が心地よかったです。
 とにかくムチャクチャ楽しい経験でしたよねぇ …(^o^)


 幻想だとわかっていますが、今でも時々想うことがあります。
 …もしも世の中の人全部が「貧乏キャンパー」だったなら、人々に緩やかな連帯と仲間意識が自然に芽生え、少々の不和や争いごとも笑い話で済むんじゃないのかなぁ…って。

 最後に先日気になる鳥(クロツグミ)を探し回ってた時に発見した面白い動画を紹介します。
 スズメ同士のケンカですが、人間界もすべてがこの程度で済めばいいんですけどねぇ…。

 http://www.youtube.com/watch?v=yYpoeQt0imI



スポンサーサイト

テーマ:格安旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1027-5970bbdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。