でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の中心に咲く花

 そういや先日は珍しくアキバ以外の都心に用事があり出かけてきました。

 大企業の巨大ビルや官庁街を歩く人のほとんどはスーツ姿で「ここが日本を支配してる中心地なんだなぁ…」と、想う私は完全に田舎者感覚でしたよ (^_^;

 

 歩いてて思わず足が止まったのがウメの花です。
 雪が無くて温暖な地方は1月下旬頃から咲き始めるそうですね。

 考えてみれば都内で勤めてた時は花とかを意識することはありませんでした。
 一年中同じ仕事をしてるから単に夏は暑くてイヤだし、冬は寒くて雪なんか降ったら最悪!って程度の認識で、年中春か秋の気候なら過ごしやすいと思ってたくらいです。
 一方現在の山暮らしは時期によって生活作業が変わるから、とにかく季節と天候を常に意識しないと生活に支障をきたします。

 おかげで最近は東京にいても季節を楽しめるようになったみたいです。
 実家周辺でも何種類もの鳥が生活してるのが確認できて嬉しくなりますよ。
 ま、「しかし何食って生きてるんだろ?」とは思いますけど。
 面白いのは都心に行くほど鳥も大胆になるというか、スズメなんか目の前の捕まえられる距離で遊んでたりしますよ。…都会人は鳥なんか相手にしてる場合じゃないことを連中も知ってるんでしょうね。


 ところで「梅に鶯」などといわれますが、さすがに都心ではウグイスの声は聞こえませんでした。
 我が家には苗を植えて3年目になるウメの木が2本ありますが、まだまだ小さくて今年の花や実は難しそうです。
 ま、そのうち私もウメとウグイスを愛でながら一杯やりたいもんだと思いました。


 ちなみにウメの花言葉を何気に調べたところ、(http://ffj.jp/hanakotoba/ume.htm にて)

 ・気高い心
 ・高潔
 ・忠義
 ・澄んだ心
 ・独立

 だそうで、まさにこの土地にふさわしい花ですよねぇ …(^o^;






スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:アフィリエイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1017-268fd851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。