でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の生活都会の生活

 今回の出稼ぎ先は我が家から比較的近いし、今のところ雪も大したことないから休日にちょくちょく帰ってます。
 ただ少々変則的な勤務で、土日に必ず休めるわけじゃないんで10日くらいおきに2~3泊しに行く感じですね。

 前回帰ったときは寒波が去った後で積雪が心配だったけど問題ありませんでした。
 でもたぶん30㎝くらい積もったんじゃないかな? その後に暖かい風が吹いて一気に消えたんじゃないかと思いましたよ。

 ところで暖房用の割木や廃材はすべて燃やしてしまったので翌日は朝から薪割り。
 残念ながら油圧の薪割り機とか持ってないので斧とチェーンソーの手作業です …(^_^;
 とりあえず3日分くらい割ったらイヤになったんで終わりにしました。普段からやってれば足腰が鍛えられて体力が付きますけどねぇ。



 ちょうど地元の友人も休日だったので泊まりに来て3人でのんびり過ごしました。
 
 寒いし不便な面はあるけど、やっぱ我が家に戻ると落ち着くし安心しますね。
 あ、私よりウサギの方が正直でわかりやすい。帰って来たときの目の輝きが違うしケージから出すと部屋を走り回って全く戻る気配がないですよぉ …(^_^)


 現在の出稼ぎ生活は都会的で快適です。
 電気ガス水道のライフラインは当然だし、風呂はボタン押すだけの自動で10分後くらいで入れる。トイレはウォシュレットだしリモコンのエアコン暖房と至れり尽くせりなのですが、これを当然とか当たり前の常識と考えてしまう感覚は危険だと思ってしまう心配症なんだよなぁ…。

 我が家の場合は不完全で危ういもんだが電気とネット以外のライフラインを自分で何とかしてるから何があってもなんとかできる安心感はあります。
 電気だって引く前は発電機(交流)とバッテリー(直流)の組み合わせでなんとかやってたわけだし…。
 そういや今回の帰宅時に玄関扉の鍵が壊れてしまいましたよ。とりあえず応急処置はしておきましたが。
 で、近所のホームセンターで見たら同じ形式のが2500円であったので春までに交換するか、別の施錠方式を考えようかと思ったところです。

 ちなみにエアコン暖房は空気が乾燥しすぎるので加湿機を使い、喫煙者なので空気清浄機も動かしてます。
 我が家の場合冬は雪で湿度が90%とかになるから薪ストーブで適度除湿するわけだし、無駄に広くて部屋も吹き抜けだからタバコの煙など気にしたこともありませんでした(なにより借家じゃなく自宅ですしね)。


 余談ですが時々人様の言う「安心、安全」って、いったい何なんだろう?って想いますよ。
 個人的には諸行無常の現世にそんなものは無い!ってのが現時点での個人的結論なんですが…。
 とはいえ少なくとも財産や社会的地位ではないと考えてて、「馬鹿」「ロクデナシ」「変わり者」と言われ続けてもこれだけは山暮らし当初から変わらないことではありますね。


 まあ、自分自身「理想や完璧」にはほど遠く自分でも認めるロクデナシ生活ではあるけど、自分の手の内に生活を創ってゆくことが世間的な「安心、安全」に近づく一歩なのかなぁ?って気はしますが、どうなんでしょうねぇ…。

 



スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

恒例の野沢菜と沢庵漬け

 近頃は毎年恒例となってる冬野菜の漬け物です。

 今でこそほとんどの野菜はスーパーで季節を問わず購入できるんで、別に意識する必要もありません。
 だけど自分で家庭菜園をするようになってからは、旬というか収穫時期が限られてることを実感させられますね。

 我が家の夏野菜で例えばキュウリなんかだと、植え付けをずらすことで多少はスパンを延ばせるが基本は夏の暑い時期限定かな。
トマトやナスにゴーヤとかなら夏から晩秋まで。ピーマンシシトウなら雪が降るまで大丈夫とかとか…。
 キャベツやホウレンソウとかは真夏を避ければ年に2回収穫できるが、エンドウマメの収穫は初夏までとか制限があります。

 なので季節外れの野菜を食べるなら冷凍したり、昔ながらの乾燥したり漬け物することになりますね。
 で、冬に野良仕事ができないここ雪国じゃ時期になったらまとめて収穫、漬け物にして冬期の野菜食となるわけです。
 まあ、生野菜の新鮮さはない替わりに発酵食品としての付加価値があるし、独特の美味しさがありますけどね。


 先日も書きましたが今年は雨続きの日照不足で生育が悪かったし、虫にもやられて足りない分を再度種蒔きするような状況でした。
 冬野菜は基本無肥料でやってますが、不安になったので気休め肥料?にウサギの糞を撒いた程でしたよ。

 野沢菜の収穫はこんな感じ。



 うーん、例年の半分以下ですねぇ…。

 ところでダイコンは昨年まで一般的な青首ダイコンを植えてたんだけど、今年から漬け物用の品種にしてみました。
 特徴は全体的に白く細長くて漬け物向きなんだそうですが(そういや東京でも昔、練馬大根という品種を小学校で習ったなぁ)今までの青首ダイコンとは生育の見分け方が違ってました。



 青首は葉の根元が一番太いから地面から飛び出した大根部分で生長具合を知ることができます。ところがこちらは地面に潜ったあたりから太くなるんで「さっぱり大きくならないじゃん」と思いつつ抜いてみると結構なことになってたりして騙されましたねぇ …(^_^;

 本当は晩秋の晴天(今年は雨ばかりだったが)と寒風で干し上げるのだけど、時間がなかったんで仕方なく出稼ぎ先の室内でエアコン干しにしてみました。
 ところがエアコンによる乾燥って予想以上に強力でして、1週間前後で大きな大根も「つの字」に曲がるほどの葉っぱはパリパリの乾燥野菜になってしまいましたよぉ…。
 この乾燥能力には驚きの感心でして、野菜の後におつまみ用の魚を乾燥させてみたりして…(匂い消しにプラズマクラスターの空気清浄機を稼働させてますが)。


 そんなわけで今年もなんとか冬野菜の漬け物を仕込むことができました。
 あ、そういや今年初めての試みとして野沢菜漬けには岩塩を使ってみましたよ。
 個人的に肉系(ベーコンやハムもどき)には岩塩、野菜系は海塩(アジアやオセアニア産の天日塩)を基本使ってますが、岩塩は天然由来の発色剤成分が含まれてるそうで肉類の退色を防ぐ効果があるそうです。
 なので野菜漬け物にも効果あるんだろうか?という発想でやってみました。まあノザワナなんかは漬けはじめの鮮やかな緑から黒っぽく色が落ち着くことで食べ頃がわかるんだけど、思いつき興味本位の実験ですかねぇ …(^o^)

 ちなみにノザワナの根(というか蕪ですね)は粕漬けにしてみました。
 一旦塩漬けにしたやつに酒粕をみりんと日本酒で溶いて漬け込んでます。固くて繊維質だけど歯ごたえがあってちゃんと蕪の味がしますよ。

 そういや仕事の合間に急いでやったんで漬け込んでるときの写真は撮ってませんでしたね。
 なので出来上がって食べるときに写真をアップしようかな、と思いました。




今年の気候について個人的な備忘録

 今年の気候について忘れないうちに記録しておこうと思います。

 昨年は10日ほどの猛暑を除いて全体的に気温が低く、暑さを好む野菜は出来が悪かったです。
 7月に入ってもバイク通勤にはジャンパーが必要でしたからねぇ。

 でも今年は6月から真夏のような日が続き、職場では熱中症対策が言われてました。
 私は寒いのは苦にならないが暑さは苦手でして、しかも野外の仕事だし8月までは日陰を探す日々だったなぁ…。
 それが後に「秋が無かったよね」って会話されたくらい突然寒くなり、一転して冬装備でカブ号に乗るようになりましたよ。

 初雪も11月の前半に降りました。うーん、この土地に来て一番早かったです。
 しかも降った雪の粒をみて一瞬青くなった。



 雪の結晶は見られず「雪あられ」っていうのでしょうか?
 こいつが真冬の無風状態で垂直にサァ~ッと音を立て降り続けば、1日で1m積もるほどの豪雪となるんですよぉ。
 まあ、この日は強風荒れ模様で、一時雨になったり日が差してみたりとメチャクチャな天気だったから積もることなく翌日には消えてましたが …(^_^;
 
 
 ところで我が家の家庭菜園ですが、夏野菜は平年並みか少し劣るくらいだったかな。
 だけど冬野菜のダイコンやノザワナが半分くらいの出来。種蒔き自体は8月後半と早かったけど9月以降は雨続きで日照時間が極端に少なかったのが災いしました。
 我が家の冬野菜はジャガイモの後作で、いつもは無肥料栽培です。しかし今年はあまりに生育が遅いから途中でウサギの糞を撒いたりしましたねぇ(効果あったかわかりませんが)。
 結局沢庵漬けの天日干しは間に合わず、出稼ぎ先の室内干しでなんとか先日漬け終わったのでありました。
 

 あと相変わらず虫や鳥に動物の目撃数は少ないままです。
 おかげで畑の虫害はほとんどなくその点では良かったけど、例年ならジャガイモに付くニジュウヤホシテントウがほんの少ししか見られなかったのは少々不気味ではありましたね。
 そうそう、迷惑なカメムシも記録的な昨年に次いで少ないです。その代わり今年は室内のカマドウマが多かったけど…。

 
 そんなわけで思いつくまま書いてみました。
 学識など無い私個人の感覚ですが、気候や動植物の様子を観るに「おかしな事になってきてるなぁ…」と考えてしまうここ数年の山暮らしでした。



12月の出稼ぎと近況

 今年は山に戻ってから人様の仕事が忙しくて、あまりブログを書いてる暇がなかったです。

 家庭菜園も最低限しか出来なかったし、大工仕事も全くでしたよ。
 でも愛車カブ号だけは夜や休日にいじりまくって見た目はスーパーカブじゃなくなってしまったかもです(笑)。
 まあ、仕事と趣味に明け暮れた今年の山暮らしだったかなぁ。

 で、現在は再びの出稼ぎ生活が始まったところ。
 ただ今回は東京の実家じゃなく我が家から70㎞ほど離れた土地での派遣仕事です。積雪がなきゃ休日に帰宅できる距離なんで都合良いわけです。

 久々の借家住まい(格安!)ですが設備は今風だから生活も快適。
 我が家と違ってガスや水道も残量とか気にせず使えるし、風呂は自動給湯の暖房はリモコン操作のエアコンでトイレはなんとウォシュレット付きですよ~っ。うーん、でも何だか堕落してしまったような複雑な気分です。
 人様には不便に見えるかもだけど個人的には水や燃料の状況が常に頭にあって気にしながら、薪割りしないとまともに暖房できない生活の方が緊張感や生きてる感があって本当はいいんですけど…。

 そうそう、今回もウサギと一緒の冬生活です。最初は新居に戸惑ってたみたいだけど最近は慣れたようで元気にしてますね …(^o^)
 今はまだ冬野菜の残りがあるけど、これからまたペットフードと干し草の食生活になるのは不憫だなぁ…。


 そんなわけで今年の山暮らしは終了しました。
 仕事も今のところは残業も無く時間に多少余裕があるんで、今まで書けなかった山暮らしネタを書いていけたらなぁ…と考えてるところでした。

 

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。