でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の野生キノコですが…

 写真はカラマツ林に生えるイグチ科のキノコで、北海道じゃ「落葉キノコ」と呼ばれ有名で特に出始めは結構な高値で売られてますよ~。



 私は野生のキノコに詳しくないし毒が怖いから基本的には手を出さないようにしてます。
 けどこれは大型で傘の表面はナメコみたいなぬめりがあり、裏側は網みたいな特徴があるから私でもわかるし北海道でさんざん採って食べましたからねぇ …(^_^)

 ちなみにカラマツのことを北海道じゃ「落葉松」と言うのが普通みたいで、マツのくせに珍しく紅葉して冬に葉を落とすことが由来かと思います。
 我が家の敷地もカラマツ主体の雑木林だから寒くなってくると出てきますね。

 
 ところで地元地域では野生のナラタケ(北海道のボリボリと同じもんらしい)が人気で昔から食べられてるそうです。
 私も知人から頂いたりキノコ採りに連れてってもらったりして時々食する機会があり、見た目は少々汚らしい気もするが何とも独特な食感でとても美味しいっ!
 我が家周辺でも普通に生えてるそうで、時期になると軽トラに乗った年寄りが山を徘徊してますねぇ。

 で、教わってはみたんだけど私の貧弱な頭脳ではどうしても憶えられないんだなぁ。
 色も黄色っぽかったり肌色や黒っぽかったりの木にも地面にも生えるみたいでサッパリわかりませんよぉ…。
 というわけで未だ見分ける自信がないし間違って毒キノコをつかんだらイヤなんで、今のところ結局は手を出さずにいます。


 そういや毒キノコといえば私でも見分けられるやつにテングダケ(とベニテングダケ)がありましたね。
 手持ちの図鑑によれば「非常に美味だが有毒で多食すると幻覚嘔吐症状が起きたり昏睡状態になる。ただし死亡に至ることはない」みたいなことが書かれてました。
 なので昔「1本食う程度なら大丈夫だろ?」と考えて試しに食べてみたことがあります(旅先の山で見かけ興味を持ったんですよ)。

 うん、本当に美味しかったですよ~。
 肉厚で食感もいいし味の素以上の濃厚な旨味成分(イボテン酸というそうです)があって今まで食べたキノコで最高に美味しいと思え、1本でやめとく予定がつい2本目に手を出してしまったほど。

 …私自身の経験ではその程度の量じゃ何ともなく中毒と思える症状は出なかったが、調子に乗ってあれ以上食べたら?と考えたら怖くもなりましたよ。 

 余談ですが塩漬けにすると毒が抜けるそうで、これを食用にしてる地方もあるらしいです。
 でも有名な毒キノコだから人には勧められないし、我が家周辺では見かけることもないんで以来食べる機会もありませんけどねぇ…。

 本やネットで調べたところ同じテングダケ科でもタマゴダケは無毒でやっぱ非常に美味しいらしく、もしも見つける機会があったなら遠慮なく存分に食ってみたいものです (^o^)


 一方原木栽培のナメコとヒラタケ(シメジ)は今年まだ出る気配もなく、昨年までの経験では本格的な寒さを感じた頃に一気に出て1週間ほどで終わってしまう感じでした(たぶんシイタケは原木の皮がめくれて寿命がきた気がするな)。

 うん、でも野生キノコは落葉(イグチ)でも大丈夫と思いつつ少し躊躇してしまう小心者なんで、やっぱ出所がはっきりしてる自家栽培が一番安心できるわけでしたよ …(^_^;




スポンサーサイト

招かざる侵入者の対処法

 昨年はカメムシが山暮らし史上最大発生しまして、年寄りの予言どおり?記録的な大雪となりました。
 で、今年もその季節となったけど今のところ屋外じゃ例年より少ないくらいですねぇ。
 それでもここ数日は少数ながら屋内をブンブン飛び回って再びの対策をやってるところです。

 昨年は侵入経路を見つけては徹底的に塞いでみたけどまだ足りないみたいだなぁ。
 いろいろ考えた結果「窓の隙間からじゃないだろうか?」と考え、やたらカメムシが張り付いてるアルミサッシを開けてみたらウジャウジャと叫びそうになるほど出てきましたよ~!

 我が家のサッシは知人から廃材を頂いたり、取り壊す家から外してきた古いものばかりです。
 わりと新しめのものは精度や気密性が良くて侵入できそうもないが、たぶん数十年前のと思われるアルミの地肌むき出しでデザイン性のかけらもないようなやつは結構いい加減だったりします。
 カメムシは体の造り的にたぶん2㎜弱程度の隙間を通れると思うし実際入ってきてるし…。

 何かすぐに出来る対策はないか考えたところ、夏に使った網戸の虫除けスプレーが余ってるのを思い出しました。
 あれは基本殺虫剤だが網戸から虫が侵入しないために使うもんですから、試しにサッシの枠内にたっぷりと噴射。
 あと自作の木製窓も経年変化で結構隙間があるんで、吹き抜け部分とか春まであける用事がないやつは紐や断熱材を詰めて塞ぎ、冬でも開け閉めするのは枠に網戸スプレーを吹き付けておきました。

 その結果ですが現時点では「効果あり!」と思います。
 例年なら見つけるたびに駆除しても日に日に飛び回る数が増えるんだけど(暖房して暖かくなるからかな?)今回は逆に少なくなって今じゃ気にならないレベルですよ。
 ま、私のでたらめ仕事じゃ先のことはわからないんで安心はできませんけどねぇ…。


 さて、カメムシ以外にも迷惑な奴がネズミです。
 昨年は屋根からの侵入経路を発見してこれまた徹底的に塞いだおかげで越冬されることはなかったんですが(春に戻ると床が糞だらけになってるからわかる)新たな侵入場所を発見されたようだな。

 連中も最初は私の前に堂々と出てきて鼻をヒクヒクさせたりと愛嬌があったが(他に誰も居ない環境だから人間の怖さを知らないんでしょ)、そのうち人目を避けて悪さをするようになったし越冬されるのはイヤだからボチボチ退治しなきゃと考えてました(もちろん奴らに悪気がないことは承知してるけど)。

 で、対策は例によって金網式の「ネズミ捕り」です。
 ちなみにネズミって頭が入る隙間があれば通り抜けることができまして、というのも我が家のネズミ捕りは1箇所少し目が幅広くなってて、そこから逃げられた場面を目撃し驚いたことがあるからです。
 なので今はそこに針金を通して逃げられないよう工夫してます。

 そして今日の朝1匹を捕獲して1㎞くらい離れた場所に車で運びました。
 別に殺してしまう理由はないんで時代劇で言うところの「江戸所払い」「遠島」を申し付ける刑ですねっ (^o^)
 ようするに我が家へ戻ってこなければいいだけのことですから…。

 ミッキーのモデルになった位でよく見ればとても可愛い生き物なんですが(リスを小さくデフォルメしたみたい)私はディズニーみたいにこれをネタに財をなす才能もないから追放するだけであります。

 当初はじっくり可愛らしいポーズを写真に収めたいと思ったんだけど、あまりにも中で暴れて苦しく悲しそうな顔なんかもされてしまうから結局はサッサと逃がしてしまいましたよぉ。



 そういや前にしばらく暴れた後で死んでしまったネズミもいたな。
 原因はよくわからないが自由を奪われたストレスなのかもしれないと、その時は考えてみました。
 ま、たぶん檻に入れられるような生活を喜んで、しかも自ら進んでやる生き物は人間くらいでしょうしねぇ。


 別にカメムシやネズミに個人的恨みもないし、私が嫌がることをしなければ「どうぞ好き勝手に生きてくださいっ」という立場です。
 自分自身も人間界の制約にとらわれず「できることなら最大限自由気ままに」生きたい人間ですから 。


 だから檻を出てダッシュで逃げてくネズミに「二度と来るなよ~っ」と、何か自分に言い聞かせてるようなセリフが妙に可笑しかったわけです …(^_^;





テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

秋の深まる頃に…

あらま、そういや1ヶ月以上書いてませんでしたよ~っ。
別にブログに飽きたわけじゃなくフェードアウトする気もなかったけど、今までPCに向かってた夜の時間に別のことをする習慣がついてしまい忘れてたわけですね。


ま、生活上特に変わったこともないんですが、最近は野良仕事大工仕事以外に苦手な掃除や片付け作業をやってます。
あまりにもだらしなくて屋内外がメチャクチャになって気にもならない性格ではあったが、珍しく環境をサッパリさせたい願望が出てきたんですよねぇ…。


最近になって薪ストーブを焚き始めましたが、寒くても朝晩の気温が10℃前後だから試運転程度のもんです。
うん、今年は今んとこ例年より暖かいと思いますよ。

家庭菜園の方は夏野菜のキュウリやゴーヤとかは終了ですが、トマトやナスにオクラとかはもうしばらく食べられそうです。
ダイコンやノザワナとかの秋冬野菜は虫にやられて今年も出遅れたが、昨年よりは早く収穫できそうな気配かなぁ。


前回は突然の大雪で無用な損害を出してしまったから、今年は早めの冬支度を考えてます。
例年ならあとひと月もすれば初雪の季節なわけで、虫の声を聞きながら月日の早さを実感してる昨今でした。





テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。