でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よそ者の独り言

 私は出不精なのでほとんど外出しません。

 買い物に出かけるのも週に2日くらですね。明るいうちはいろいろとすることがあるので、出かけるのは、ほとんどが暗くなってからです。

 ついでにひとりでいることが苦にならない性格なので、ほとんど山に「引きこもり」状態です。
 考えてみれば連休が終わってお客さんが帰ってからというもの、数日前に泊まりの方が1名1泊しただけです。それ以外は10日くらいの間、誰とも会話してません。

 さすがに気が滅入ってきました。

 そこで日曜日ですし、用件もあったので昔大変お世話になった方の所へ顔を出しに行きました。
私は話し下手で話題の無い人間ですが、その方は話し上手で話題豊富なので楽しいひとときを過ごせました。

 山に戻る途中で、久しぶりに知り合いの爺ちゃんに会いました。
バイクに乗って山仕事のついでに、時々我が家に寄ってはお茶飲みしてた方です。
病気をしてバイクを引退したので、最近は遠出ができなくなり、近所を歩いているだけとのことでした。

 我が家に戻り、昼食後のコーヒーを飲みながらのんびりとしていたら、水源地の地主さんが訪ねてきました。
我が家の水源は実は人の土地でして、大きな声では言えませんが十数年間、勝手に使っていたんですね。
 とうとう数年前に地主さんに怒鳴り込まれたのですけど、お話ししてみたらとてもよい方で良かったです。これからも水を使わせていただくということで了承してもらいました。
 ま、今回も「最近また顔出しに来ないじゃないか」と怒られてしまったわけですが(^_^;

 私は地域の方の了承も得ず、勝手に「でたらめ山暮らし」をしている身なので、地元の方との付き合いもほとんどありません。
 それでも一部には、こんな私の相手をしてくださる方もいるわけです。

 以前、何度か地元の方とそのことで話す機会があり、私は「地域の一員としての義務を果たす意志がある」ということは一応お伝えしました。
 しかし年間を通して住んでいることがほとんどありませんし、人里からかなり離れた山暮らしで、どこの集落に所属するのかもあいまいな状況ですので、結局その手の話は立ち消えになったまま、今にいたっています。

 私は所詮「よそ者」ですから、そのように扱っていただいた方が気楽ではあります。
 それが良いのか悪いのかはわかりませんが、今のところは支障がないのでそのままにしているところです。

 
 P5125296.jpg

スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。