でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフラインと基本料金

P5015228.jpg


 山に戻ってきた今月初旬の話ですが…。

 林道の途中に、雪で折れた樹木が電線にのしかかっている場所がありました。
見ると手でつかめる高さまで電線が来ています。
 さっそく電力会社に電話して、折れた木を撤去してもらいました。
積雪で作業車が入れないため応援者を呼び、5人がかりの人力で片づけていきました。

 電線が切れて地べたを這っている場所もあり、電力会社の方に言ったら「あれは電話線なのでNTTに連絡してくれ」とのこと。
 翌日は電話局が来て切れた線をなおしてくれました。

 この辺は豪雪地帯なので、電線修理は毎春恒例のようになっています。
電気電話代をたいして払っていないのに、ありがたいことですね。


 ちなみに前にも書きましたが、水は天然水をポンプアップする自家製の水道です。

 ガスはプロパンのボンベを使用しています。
ひとり暮らしだし1年中住んでる年がほとんどないから、年に一、二回ガスの充填をするだけで済みます。空容器を充填すると3千円くらいかかりますので、それが年間のガス代ですね。

 電話はネット(ADSL)目的で引いているので、家を空ける時期には基本料がかからないよう止めてしまいます。
連絡はケータイに来るから問題ありません。

 あと、郵便と宅配便はここまで配達に来てくれてます。これもまたありがたいことですね。

 結局年間を通して契約しているのは電気だけです。(冷凍庫があるので、これだけは止められません)
ま、基本料金が1200円ほどですから、たとえ住んでいなくとも毎月1200円で家を維持できるわけです。

 もちろん家賃や住宅ローンはありませんし、固定資産税も山林地目ですから腰を抜かすほど安いです。
 もし東京23区内に、我が家のように700坪の敷地と総床面積30坪の住宅があったら、いくらの税金がかかるのでしょう?
 でもそんな地域格差のおかげで、私のような貧乏人でも土地や家が持てるのですけどね。



スポンサーサイト

テーマ:いなかぐらし - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。