でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワラビとゼンマイ

 今年の春は半月くらい遅れています。

 話によると今年はウメとサクラとモクレンの花が、ほぼ同時に咲いたそうです。

 山菜も同様で、いつもならこの時期はワラビが旬の時期なのですが見あたりません。
まだタラの芽やコシアブラが採れてますし、ゼンマイもまだこれからです。

 なんて思っていたら、日なたで頭を持ち上げたワラビを発見しました。
やっと出てきたか、って感じです。そう思ってあたりを見ると、いつの間にかゼンマイもぼちぼち旬の時期になっていました。

 例年なら、ゼンマイが終わる頃にワラビが出ているのですが、今年はほぼ同時ですよ。
気温が30度を超す日もあるのに、日かげにはまだ雪が残っていて、フキノトウを採ることもできます。
そのあたりはまだ春先なわけで、雪解けが遅くて冬が長かった分、春の時期が圧縮されている感じですね。

 確かに積雪や春の気候は、その年によってばらつきがあります。
しかし今年は特別に異常と言っていいでしょう。
 まさかこの時期に雪を見られるとは思ってもいませんでしたし、地元の年配者も同じことを言っていました。

 「生き急いでいたかもしれない」と言った有名人がいましたが、今年の山の植物は特に「生き急ぐ」必要があるでしょうね。






ワラビ

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。