でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の上の亀

 日々の除雪作業も進み(あれから毎日してました)開通まで残り30m位になった昨日。
この土地に住む友人が家族連れで泊まりに来ました。

 ところで私の車は四輪駆動車で、山が減ってはいるけどスタッドレスタイヤを履いています。
これ以上除雪作業をしなくても、2日前に我が家まで通行可能になっていました。
乗用車では無理なので、相変わらず雪かきしてるのですが。

 地元の彼も私と同じ四駆のワンボックス車ですので、自分の車でも行けると判断し、雪道に突進して行きました。
 私も行けるだろうと思ったのですが、夏タイヤを履いていたのが敗因でした。
雪に乗り上げると滑って動かなくなり、タイヤが雪をかいて車の腹が雪に乗り上げてしまいました。

 こうなるとお手上げです。皆で押してもダメだし、私の車で牽引しても動きません。
腹の下の雪を掘るしか脱出の方法がありません。私も冬に何度も経験して泣きそうな思いをしています。


 ちなみに、このような状態を地元では「亀になった」と言います。


 ところでこの時期は劇的に雪が解けてゆきますので、この亀車は翌日に押したら難なく脱出することができました。
 そしてその後、親の仇のように雪を掘る彼の姿がありました。
おかげ様で我が家までの道は開通し、やっと乗用車でも行き来ができるようになりました。

 開通した5分後に、連休最後の宿泊客が到着しました。
2駆で夏タイヤの、その車は何の苦もなく我が家に到着したわけです。



P5015223.jpg

スポンサーサイト

テーマ:びっくり!恐怖体験! - ジャンル:車・バイク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。