でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは雪かきと水回りの点検

 今日はハチの飛ぶ音で目が覚めました。ゼニにならない生活に「目覚まし時計」は不要です。

 まずは雪かき仕事です。
現在、多い場所は1メートル近い積雪がありますが、全く雪のない場所もたくさんあります。雪の吹きだまる箇所や日当たりの具合等もあるから、積もり方も消え方もまちまちです。

 車を止めた場所に行って見ると、この先約5メートルを除雪すれば、さらに40メートル近く進め、その分歩く距離も短くなることがわかりました。
 うん、楽になることなら即実行です!

 この時期の除雪はツルハシ(土木工事の道具)が主役です。春の雪は氷のように硬く締まっていて、スコップではとても歯が立ちません。
 まずはツルハシで砕いてから、その雪をスコップですくって飛ばしてゆきます。
しかし冬の除雪の何倍も時間がかかり、久々の力仕事ということもあって、すぐにイヤになってしまいました。

 …まぁ、人に頼まれた仕事じゃないんだし、マジメに働く必要なんかありません。
景色をながめたり、山菜を採ったりしながら適当にやりゃいいんです。
気合いを入れたら30分で終わる仕事を、2時間近くかけてのんびりとやりました。


 次に水回りの点検をしました。
 まずは雪による排水パイプの損傷がないことを確認。雪で押されてはずれた風呂釜の煙突を見つけて元に戻しました。

 その次は上水の点検。
 毎年、冬前に雪でつぶれないように雪囲いをしてはいるのですが、前回の冬は貯水槽を除いて囲いごと雪に持ってゆかれました。(貯水槽ごと崖下に持ってゆかれた年もありましたが、あの時は参りましたね)

 今年は幸いなことに無事でした。
運が良かったのか、私にも多少は雪囲いの知恵がついてきたのか?
たぶんその両方なのだと思うことにしましょう。その方が幸せです。

 ポンプを動かすと水は出てきたけど、配管に亀裂があるような上がり方をしています。
去年からそんな感じはしていましたが、今年はさらにです。
造ってから10年以上になるシステムなので、そろそろ徹底的な点検と再工事が必要な時期なのだと強く思いました。
 どこに配管を埋めたのか、詳細を忘れてしまったのが問題ですが…。

 とにかく風呂にも入れましたし、天然水を薪ストーブで沸かした「お湯割り焼酎」も飲むことができました。
 まずは良かった。めでたしめでたし。

 後で思ったのですが、仕事は除雪よりも生死に関わる水回りの点検の方が先だろうと思いました。
でもまぁ、ここでは私の「気分」を最優先にすることを原則にしています。

 こんな調子でもここでは問題なく生活できるのだから、たぶんこれでいいんでしょう。






P5015235.jpg

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。