でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水道システムの復旧 4

 相変わらず当事者以外さっぱりわからないだろう水道の話を書いてますが、これは私が「いつ頃やったのか」忘れないよう記録してるだけなんでご了承ください。

 ところで在庫してた(頂きもののジャンク品ですが)ステンレス浴槽がついに足りなくなってしまいました。
 仕方ないから風呂や洗濯の生活用水用として床下においてある水槽を流用することにしましたよ(ここは解体家屋から外してきた井戸ポンプを付け普通の水道みたいに使えるようにしてある)。


 で、それを水源地に設置した写真。



 とりあえずの仮設で見苦しい状況でありますが…。

 水槽は飲用に使わない前提だから今まで一度も洗ったことがなかったけど、今回はクレンザーでしっかり洗っておきました(屋根裏にある飲料水のタンクは時々掃除してます)。
 蓋はコンパネで耐水性があるからそのまま流用。ただし水面と向きあう裏側はバーナーであぶり、一応細かいホコリを焼いて殺菌と腐食防止を兼ねたつもりだが、どこまで効果ある?ってところです。

 水源地も今回は横井戸を掘らず(面倒だったんで)そのままホースで水を導くようにして済ませました。
 一応水漏れ防止に在庫してた防水セメントも用意したけど、掘って出てきた粘土を砂利と混ぜて塞いだら大丈夫だったんで使わずに済みましたよ。
 写真の右端に見えるのがオーバーフロー用のホースです。


 そういや給水ポンプは今までいろいろと試行錯誤したねぇ…。
 過去に「ジャンク農機具のモーター+ギアポンプ」から始まり(これは20m前後の高低差を上げることができなかった)、壊れた農機具から外した「エンジン+ギアポンプ」で一応成功したけどすぐにクランクケースが割れておシャカになり、結局は市販の安物エンジンポンプを2年くらい使ってました。

 しかしこれでは越冬できない(積雪時には危険で崖を下りられない)から、上からスイッチひとつで動作する現在の電気ポンプに落ち着いたわけです。
 最も当時は電気を引いてなかったから、発電機を使う必用がありましたけどね。

 ちなみにこの電気ポンプは10年以上使ってるが驚くほど頑丈で、ある年の春は雪で潰れた蓋と共に水没状態で発見されました。
 しかしバラバラに分解して十分に乾燥させ組み直したところ何事もなかったように動き出して、今も変わらず我が家の水事情を支えてくれてますよ~。
 今回も回収時にうっかり崖下まで転落させてしまったが(季節的に薮になってるから探すのが大変だった…)何事もなかったように現在も動いてます。

 そういや今回の費用ですが、手持ち品と旧水源地から使える資材を回収し再利用してるんで、新たに購入したのはカップリングの金具やパッキン類程度の千円ほどで済みました。

 ポンプとコンセントで接続する部分にはブチルゴムの自己融着テープ、さらに電工用のビニールテープを巻いてます。
 自己融着テープはアマチュア無線に凝ってた時代、アンテナ工事に使ってまして、時間がたつと巻いたのが溶けてゴムの固まりになり防水性や耐候性に優れてたんですよねぇ。

 …今になって想うことなんですが、昔さまざまなことに興味を持ち多趣味だったり、そして私は馬鹿でロクデナシだからいろんな職業を経験したことが山暮らしの細かいことで非常に役立ってるのが面白いと日々感じてるわけでした (^_^)

 今回はこの場所までの配管が生きてた(この先は土砂崩れで破壊されてた)のがラッキーで水源地を新たにつくるだけで復旧したのが助かりましたよ。


 そして床下の生活用水タンクが無くなってしまった代わりとしてこれを使いました。



 300リットルの水タンクですが、これは前に水源地が涸れてしまった時に知人の井戸から水をもらって運ぶよう購入したものです。
 しかしそれ以来ほとんど使う用事がないまま床下のスペースで眠ってましたよ。 

 …作業効率的に考えるとこれをそのまま水源地の水槽に使えば、生活用水の床下水槽を撤去する二度手間はありません。
 ところがこいつに貯めた水を飲んだ経験がありまして、はっきり言って「ポリ臭くてマズすぎっ! 実家の水道水をそのまま飲んだ方がはるかにマシ」なレベルでしたよぉ。

 とはいえステンレスでも長期間溜めたまま置いとくと金属臭い味になってしまうんで(今回がそう)飲用タンクもせめて週一くらいで補給しながら流れるようにした方が常に美味しい水が飲めるわけです。


 ところでこの写真。



 百円ショップの丸棒に水洗トイレの水タンクに使う「浮き球」をねじ込んだやつです。
 …これは床下水タンクの水位計でありました。
 図に書いて説明すれば単純なんだが、要するにこれを入れておくと棒が床を貫通した穴を上下し、飛び出し具合でタンクの水位がわかる仕組みです。

 …ま、今まで私なりにいろいろ考えたんだけど、結局はこの方法が電気とかも不要の単純で棒に印を付ければ残量もわかる。
 そして今回ポリタンクの蓋はゴムで気密性が高いから棒の隙間より空気が出入りするのがとても好都合なわけですね。



 写真は改めて作りなおした床下の水タンクですが、床下からつながってる3本の塩ビ管は左から「井戸ポンプに繋がる管、水源地からの給水管、水位計の棒を覆う管」です。
 ちなみに水源地からポンプアップされてくる水は床上にて「屋根裏の飲料水タンク、床下の生活用水タンク、直接給水用のホース」の三箇所に切り替えられるようになっています。


 というわけで他人様にはわからないし語る必用もない話をズラズラ書いてしまいました。
 個人的には「現在ある水の在庫」というのは大ざっぱながら日々の生活中で常に頭の中にイメージしてる毎日であります。
 そして今回は水源地の破壊というより「水を自分でイメージできない」ってことが何か不安でしたよ。
 人に話しても「ふーん…」と言われるだけだろうから聞かれなきゃ話さないことですが。


 ちなみに我が家の水道システムに関しては誰から教わったこともなく自分で考え調べて行いました。
 たぶんこんな環境から水を得ること自体が本職でも未経験の方が多いと思うし、私も水道屋さんの仕事を手伝ったことがないから教えてもらう機会もなかったわけです。

 おかげで失敗や試行錯誤の連続で現在の形になるまで数年かかったけど、反面いろんなノウハウが身に付いたと考えてますよ~。
 ただし他では役に立たず応用も利かない、我が家で私の中だけの自己流でありますが …(^_^;


 で、水源地ですが最終的には雪に耐えうる屋根をかける予定でいるんだけど、周囲は長靴が埋まって抜けなるほどグチャグチャになってしまった。
 なので地面や水槽が落ち着くまで当分待つこととして、とりあえず雨よけのブルーシートをかけておきましたよ。

 うん、でも実は作業に疲れ飽きてしまったんで「当分関わりたくないっ」気持ちが本音なんですけどねぇ…。


 他にもするべき作業が山積してるわけだからあまり根を詰めずにこだわらず、気分を最優先に楽しくやるのが暮らしを長続きさせるコツかも?と私は考えてますよ (^o^)






スポンサーサイト

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

水道システムの復旧 3

 水源地復興作業の続きです。

 新しい水源地といっても元々使ってたから細かい場所もよく憶えてます。
 掘ってみたら当時補強のために使った木の杭が出てきましたよ。…やっぱ木は埋めたり水にさらしてるとなかなか腐らないんですねぇ。

 しかしそこの水量はあの頃よりも少ないくらいですよ~。
 だけど付近全体からしみだしてる水量自体は結構あるから見当を付けてあちこち掘ってみた。
 その結果どうやら旧水源地より30㎝ほど下の水量が一番多いことがわかりました。
 写真では左上にある大きめの石と木の根の間、裂け目みたいな所から結構な量が出てますよ。



 水の湧いてる場所は大ざっぱに見て4箇所あり、いい加減な目見当ですが多い場所で毎分2リットルの全体では5リットル以上出てるんじゃないかな?
 今年は雪が多かったにしてもこの時期にこれだけ出ていれば上等です。
 毎分5リットルとすれば一日7トン(立方メートル)以上の水がここから流れ出てるわけでして、計算して驚きましたよぉ~。
 …この水だけで何世帯の生活水をまかなえるんでしょうか?

 とりあえずざっと我が家の使用量を見積もって計算したところ、せいぜい一週間に300~500リットル程度でしょうか。
 (風呂水は1週間は替えないし今の時期は湯船につからないから一日置きに使う量が20リットルくらい。洗濯も週一で風呂の残り湯を利用してますからね)


 上の写真ではわかりにくいが数カ所から湧く水を集め横に導いて落とすような「ミニ水路」をつくってみました。
 これは水源地の下に水槽を埋める穴を掘るんだけど、ダダ漏れ状態にしておくと穴が池になってしまう(これも過去に経験済み)からですね。
 こんなオモチャみたいなミニ水路でも結構面白くてハマってしまい、石を並べて粘土で固めたり、わずかでも高低差を作らないと水が流れないからいろいろ考え工夫しながら夢中になるんだな~っ。
 ま、子供の「くだらない泥んこ遊び」レベルなんだけど楽しかったですよ~ (^o^)


 余談ですがこんなバカバカしい作業をしながら、昔の「ムラ集落単位」でつくる水路工事なんかを考えてみました。
 …たぶんムラの衆が一同に集まって民主的に協議し、大人達は総出の子供達だって出来る範囲で手伝った大事業だったんじゃないかなぁ?

 ちなみに土方(どかた)仕事は女の人も男と同じように人足として働くのが昔は常識だったみたいで、私がこの土地に来た頃アルバイトに行ってた土方仕事の現場も女性の方が多い職場でしたよ。
 とはいっても若者に嫌われ世代交代もなかった職種だから働いてるのは爺ちゃん婆ちゃんばかりでしたけどねぇ …(^o^)

 さらに余談ですが「土方」という言葉は最近「差別用語」になってるとかで、ATOKでも登録しないと変換できません(「ひじかた」で変換すればOKだけど)。
 当時そんな話を親方にしたら「馬鹿野郎っ~。土方ってのはなぁ、大昔から土方で立派な仕事をしてきたんだぁ」と怒られてしまったし、他の職人さん達も「土方衆」と呼び平等な仲間意識を持って付き合ってましたよ。

 で、話は戻りますが「ムラの衆総出」で造り上げた水路が完成した日には、それはもう苦労が報われて生活が便利向上した喜びが爆発したんじゃないかなぁ~?
 たぶん私もその現場にいたとしたら皆と一緒に「飲めや歌えや踊れ~っ!」のドンチャン騒ぎで喜びを表現し、幸せを分かち合っただろうと想像しました…。


 あ、また無駄話が長くなって書ききれなくなったな(書くのに飽きて眠くなったよ…)。

 湧き水ってのは土や砂利砂層を浸透しながら浄化され、水を通しにくい粘土層にぶち当たった所から出てくるものなんだそうです。
 確かに掘ってると石の層が粘土層に当たる所から湧いてますよねぇ。
 そして粘土層の下からは小石と砂の層が出てきました。



 とりあえずこんな調子で穴を掘りながら、水漏れ防止に粘土と砂利を混ぜたのを貼り付けて形を造っていきます。
 しかしまぁこんな作業だからスコップも作業着も泥だらけで、たぶん見た目は本当に子供の泥遊び状態になってたと思いましたよ~。


 だけど久々に本格的?な土方仕事を経験して面白い出来事ではありました。

 …そういや穴掘りをしながら一度「何のためにこんな馬鹿なことを汗だくになってやってるの?」と自問自答してみたけど、何をどう考えても「好きでやってるんでしょ?」という答えしか出てこなくて苦笑してしまいましたねぇ …(^o^;
 







テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

水道システムの復旧 2

 さて、水道の復旧工事ですが最初にやった作業が現場に続く草木の伐採です。
 例年何度か発生する小さなトラブルなら薮をかき分け枝をくぐりながら行けばいいが、今回は資材を運びながら何度も往復することになるんでまずは「道づくり」となるわけですね。

 樹木の伐採は手鋸で簡単に切れる程度の太さだけど、あまり完璧にやらず適当に残しながらってのがコツであります。
 崖を一応斜めに下りて行けるよう道は切ってあるんだが(過去に階段も作ったけど雪にやられて2シーズンで消滅した)、傾斜が45度から垂直に近い場所がほとんどだから「つかまるモノ」を残しておかないと転落してしまうんですよぉ~ (^_^;

 そんな状況だから現場に行くのが億劫だし体力的にもキツいんで、せいぜい半日しか作業する気にならないのでありました。


 先日「新しい水源地」と書いたけど実はここ、元々水源地として使ってた場所でした。
 ところが使い始めて数年後に水が涸れてしまったことがあったんですよねぇ…。

 その時そこから数m奥にある湧き水は涸れてなかったし、水量も多かったんで思い切って引っ越した経緯がありました。
 だけどそこは行くのが危険だし現場も垂直に近い崖の途中だから、両手放しで立ってられる場所もなく工事が難航したことを思い出します。
 その代わり簡単な補強にブルーシートをかぶせるだけで雪が流れていくから豪雪に強いメリットはありましたよ。


 しかし元の水源地が涸れたのはその年だけで、近年は大きな樹木が倒れたり崖崩れが起こったりの影響か知りませんが「水脈の流れが変わった」ように感じてはいました。 
 ま、電気ポンプを使うようになってからトラブル時以外は水源地を見に行くこともなかったけど、行けば必ず周囲の「水の状況」を観察するようにはしてたつもりです(電気より大切な「命の元」ですからねっ)。

 …で、ここ数年は元の水源地の方が明らかに水量が多く安定してるんで、再び引っ越したい気持ちになってたんですよねぇ。

 さらに何年か前に倒壊した巨木(過去に書いた記憶があるけど探すのが面倒だからリンクはパス)が年々腐りながら少しずつ崖をずり落ちてたのが、今春は上手い具合に新水源地の下に引っかかり崩れた土砂が堆積してるのを目撃。
 樹木は地面に埋まったり水につかってたりすると意外と腐らない性質があり、なので材木屋は当面加工する予定がない丸太を池に浮かべたりしてることを地元の方から教わりました。

 余談ですが「掘っ立て小屋」というのは粗末な小屋のことじゃなく、文字通り「掘った地面に直接柱を立てる工法」なわけです。
 高齢ベテラン大工さんが言うには「掘っ立ては基礎工事不要で合理的だが実はプロでも技術的に難しい」そうで、地上に露出した所と地中に埋めた部分は腐りにくいが地面と接してる部分がどうしても腐りやすく他にもいろいろあるけどそこが最大の課題なんだという話でした。


 というわけで、旧水源地を復興させるのに良い条件は整ったように想いました。
 もちろん次の冬に雪でダァ~っと流され壊滅する可能性も否定できませんが、それは私の想定外なのでどーでもいい話です(そんなことは実際に起きてから考えればいいと思う)。

 でもね、そんな起こるかどうか?少なくとも人間ごときにはわからない未来の事象を勝手に怖がってあれこれ心配するよりも「好機!」と直感したなら、サッサと行動した方が概ね「吉」であるというのが私の経験です。


 あ、また余計なことをズラズラと書いてしまい、作業の記録をないがしろにしてしまいました (^o^;
 ちなみに結果として現在は暫定的ながら復興を果たし水には不自由しない状況に戻りましたよ~。

 今回の「水源地の破壊と復興」って当初は「あ~あぁ~っ」というショックも一応受けたけど、結果的にはいろいろなことを学び考えさせられ「うーん、また山に面白い経験をさせられたんだなぁ…」などと想い楽しんでもいるわけでした (^o^)


 ということで、続きはまた後日に書く予定です。



テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

水道システムの復旧 1

 今年は水源地が破壊されてしまったんで、山に戻ってからずーっと水に不自由する生活でした。
 といっても生死に関わる話じゃなく「ラーメンやそばうどんは水がもったいないから焼きそばにするかぁ~」とか、苗の水やりはバケツに溜まった雨水を使うとかのレベルですが。


 一応「飲料水」のストックはあって実際飲んでも大丈夫ではあったが、なにぶん昨年取水した古い水ですから念のため洗い物専用として飲み水は知人から分けてもらったりしてましたよ。

 一方風呂や洗濯に使う「生活用水」は後がない状況で風呂水を換えることができず、使った分を足してという状況でした。
 …テント生活時代にバケツ一杯のお湯があれば体も頭も洗える技?を会得しててるし、前に読者の方から教えていただいた「えひめAI」を入浴後に入れておけば水が腐ることもなかったです。

 しかし洗濯物がたまって着るものがヤバくなってきたから、昨日ついに最後の風呂水も使い果たしてしまいましたよ~。
 ま、町に出れば温泉やコインランドリーもあるんだけど、私は出不精だからできるだけ我が家の中で楽をしたかったわけですね 。


 というわけで待ったなしの状況になってしまったから、いよいよ「水源地を何とかせねばっ」と昨日から現実の作業を開始してます。
 ちなみに我が家の水道システムは(というほどのことはない、いい加減なもんだが)私以外は全く手が付けられないと思いますよ。

 崖で気軽に行ける場所じゃないから水源地を見た来客は数人しかいないし、何より工事をした私自身が水道管の埋設場所をよく憶えてないんだよなぁ …(^_^;

 余談ですが自治体でも記録が残ってないとかで「古い水道管を埋めた場所がわからない」ってのは珍しくない話だそうです。
 なのでこの件に関しては私も「お役所レベル程度の仕事」はちゃんとしてるわけですねっ (^o^)
 …ただしすべてが自己責任で自分でなんとかしないと生活に困るだけのことです。
 
 

 あ、無駄なことばかり書いてまた長くなってしまったなぁ…。
 で、以下は私以外の方には「さっぱりわからない」話だと思うが、個人的な記録として書きとめてるだけなんで悪しからずです。

 気持ちが完全に切り替わってしまったんで、破壊された水源地の写真を記念に撮っておきました。



 水槽に利用してるステンレスの浴槽は豪雪の破壊力で潰れてしまいました。
 よく見ないとわからないことだが、水が抜けてるのはたぶん底の方にある継ぎ目が裂けてしまったんでしょう(過去に経験済み)。
 絶対修復不可能とは言わないが(雪に崖下まで持って行かれ変形したのをハンマーやジャッキで一応修復した経験はある)もう飲料水の水槽として使うのはあきらめるのが正解でしょうね。
 完全には直らないが「畑の溜め池」程度には流用できそうな気がします…。

 取水用に掘った横井戸も埋もれてしまったし、それ以前に数年前から水量も落ちてた。
 この場所自体も前から崩れそうになってて、過去のブログにも「あと何年持つんだろ?」みたいなことを書いてたから「ついにこの日が来たか!」という感じで、配管もやられてしまったし見切りを付ける良い機会だったと今は想ってますよぉ~。
 

 というわけで新しい水源地と決めたのがここです。



 書くのが面倒になってきたんで、続きはまた後日ということで…。




テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

楽しみな太陽光

 先月廃車や不要品を処分したところ思わぬ収入があった話を書きました。

 いわゆる「あぶく銭」というやつですが、せっかくだから一部を何か有効に使ってみようと考えたわけです。
 "お金はあるうちに使うべきで無くなってからじゃ使えない"ってのが私の金銭哲学?でありますが、そんな話をしても9割以上の人から冷ややかな反応をされます…。


 というわけで購入したのがこちら、太陽光発電のソーラーパネルです。



 100Wのパネルで公称の最大電圧が18.5V、最大電流は5.4A流れるみたいで1枚(もしくは並列)では12Vバッテリーを使用することになります。
 もちろんチャージコントローラーも一緒に手に入れました。行動してからじゃないと考えない性格なんでよく調べてないが、これには過充電と逆流防止(パネル側の電圧が低い時は逆流するはず)の役割があるんじゃないかと思います。
 
 ちなみにバッテリーは廃車からはずしたのもあるし、バス会社に勤めてる友人からバス用のを譲ってもらう手配もしてあります(もう彼の家に置いてあるから取りに行くだけですが)。

 
 パネルの能力的に(やってみないとわからないが)たぶん1枚じゃ足りないと思われるし、晴天率が高くない地域だから曇りや雨の日にどれくらい電流が流れるかが問題でしょう。様子を見てパネルをもう1~2枚増やすことになるかも…。
 とはいえ現時点でバッテリー使用を目論んでるのはLED照明とノートPCにCDラジカセくらいかなぁ。

 その程度なら旅用として車に積んである60Wのインバータで十分だったりしますね。
 一応ラジカセとノートPCはDC(直流)12Vで直接駆動できるようにしてありますし、LEDも直接DCで使うよう工夫した方が効率がいいわけですが。

 そしてバッテリー+インバータで電子レンジや水くみポンプ(定格で13Aも消費する)に電動工具等の電気馬鹿食い機器ははじめから使うつもりもありません。
 そこまでやるなら電力会社と縁を切るか売電収入を得る覚悟を決めての設備投資となり、貧乏な私じゃとても無理な話ですよぉ。

 なのでそちらに関しては昔(電気を引く前の時代)みたいに発電機(現在保管中)を使えばいいんじゃないかなと。どーせ一時的にしか動かさないものばかりだからガソリンの消費量もわずかですしねぇ…。


 あと冷蔵庫はやはり昔みたいにカセットガスを使用するやつを再び使うのが一番かな。
 私が持ってるのはイワタニが発売してた(品物はエレクトロラックス社製)カセットガス、シガープラグ(DC12V)とAC100Vの3ウエイで使えるクーラーボックスみたいなレジャー用で、今は旅やキャンプ用にしか使ってません。

 ただしDC12Vでは確か4Aくらい(手元にないから正確なデータがわからない)消費してしまうので車載でも運転中以外はバッテリー上がりが恐ろしくて使えないし、我が家でもちょっと無理かと思うからカセットガスを使う(1本で約24時間持つ)のが正解でしょうねぇ。
 
 ま、冷蔵庫は冷凍しなけりゃ冬場は不要だし(経験では雪に埋めた方が長持ちするんだ)ガス冷蔵庫も無い時代を5~6年経験してるから生活を工夫すれば何とかなるものですよ~。
 

 以上、個人的には停電した時を想定して非常時に最低限の電気生活を考えてるわけですが(平時は電気料の節約という意味もある)、石油や電気料金が殺人的に高騰する最悪の事態も一応頭の片隅にはあります。
 もちろんこの程度の浅はかな考えじゃ完璧にはまだまだ程遠いと思いますが、いよいよとなれば(イヤだけど)昔みたいな生活に戻ればいいだけと開き直ってもいます。


 ところで注文してたソーラーパネルが届き「とりあえず明日ちゃんと充電できるか実験してみよう!」と考えた翌日から雪がどんどん降り積もって、それどころじゃなくなってしまいましたよぉ …(^_^;

 なので太陽光発電は春以降の予定になってしまいましたが、とても楽しみな課題でもあります。
 
 



テーマ:ハンドメイド - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。