でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節はずれの刈払い機

 旅から戻って見た我が家は、夏の雑草がのび放題の薮状態でさっそく草刈りを…と思ったら刈払い機が壊れてしまいましたよ (>_<;

 もう私の貧弱な技術じゃ修理不能というか、それ以前にエンジンの回転は上がらないしプラグ交換しても始動は極端に悪く燃料漏れがひどくて燃費が悪すぎる(車に例えるならリッター1㎞しか走らない軽トラか?)状態だったから、今度壊れたらさすがに買い替えるつもりでいました。
 とりあえず鎌の手作業でチマチマ刈ってたんですが、時間がもったいないし来年以降のこともあります。

 そういや初めて買ったホームセンターの刈払い機は「安かろう悪かろう」の典型で、すぐダメになってしまいましたね。
 その後は農家の知人達から頂いたものを直したりしながら使い継いで今回のは4台目です。
 しかしプロの現場で使い倒して引退したものだから我が家に来た時点でボロボロ、長くは持たないわけです…。


 で、季節はずれですが覚悟を決め買ってしまいましたよ~。
 希望としてはホンダの4ストロークエンジンのが欲しかったが、価格が高いし往復50㎞の距離にある巨大ホームセンターまで行かないと売ってないんだな。
 なので修理や部品のことを考えたら近所で扱ってる機種になってしまいますよ。

 というわけでこれにしました。



 マキタの4ストローク(以下4ストと表記)刈払い機です。

 ちなみに数年前に4スト製が出始めの頃に農機屋の知人に聞いたところ「ありゃダメだ。変則的な体勢で使うとオイルが回らなくなってエンジンが焼き付いてしまうよ」とのことでした。

 確かに私も経験あるけど隣との高低差が大きい田んぼでは、土手草を頭上や足元より低い位置に振り回して刈る場面がありますね。
 刈払い機やチェーンソーみたいにいろんな角度体勢で使う機械はエンジンへ確実にオイルを送るため「2スト混合油(オイルを混ぜたガソリン)」なのが常識で、オートバイみたいな分離給油じゃ意味がないそうです。

 まだまだ発展途上なのかなぁ?なんて考えたんですが、それでも4スト刈払い機をどーしても体験してみたい希望がありましたよ。
 それに我が家の敷地や林道は無理な体勢で刈る急傾斜はないんで「別に4ストで問題ないだろう」と思ったわけです。
 ところでホンダの最新式はその辺の問題を改善してるそうで、やっぱ興味がありますねぇ…。
 

 単純的な理論では同じ排気量や回転数なら2ストは4ストに対して倍のパワーが出るわけで、4ストで同じパワーを出すには回転数を倍にして2ストと同じ燃料を食わせる必用があるそうです。
 ま、現実実際には倍にならないから4ストの方がやっぱ燃費や効率が良いということになるようですけど。

 4スト刈払い機の利点としてメーカーがうたってるのは、
 ・混合油を作る手間が不要
 ・燃費が良くて排気がクリーン
 ・騒音や振動が少ない
 というのが主なところでしょうか。

 しかし我が家はチェーンソーが2ストの混合油だからレギュラーガソリンを使えるメリットはあまりなく、逆にエンジンオイル(焼き付き)を気にする心配の方がデメリットかもしれません。
 燃費は2ストの機種でもメチャクチャ優秀なのがあるし、オートバイに乗ってる経験から排気音や振動は2ストと4ストじゃ全くの別物というか好みの問題かと思ってますよ。
 なのであえて4ストを選ぶより、現時点じゃ長年の実績がある2ストの方が無難かとも考えます。


 そんなわけで短い期間ですが実際に使ってみた感想です。
 
 始動性はとても良く一発もしくは数回以内でエンジンがかかりますし、デコンプのおかげでリコイルも特に重くないですね。
 エンジン音は特に静かとも思わないが2ストみたいにかん高い音じゃないから全く気になりません。
 あと地面に置いといても暴れないくらい振動対策がなされてることには感心しました。
 ササやススキに細い木を刈る程度のパワーは一応あるし、エンジンのレスポンスもまぁ問題ないレベル。
 4ストだから排気煙や臭いは出ません。頭上の枝やツタとか切るために振り回すと白煙が少々出て「オイルを食ってるな」とわかりますが、時々短時間のことだから気にしなくていいのかも…って感じです。

 あと「4スト刈払い機は重い」と言われてますが、自分の体格(175㎝の現在62㎏)じゃ無問題です。
 ま、ハードなプロの現場じゃろくなもんじゃないもしれませんが、ロクデナシ素人である私の技量使用頻度や生活で使う限りは「必用十分みたい」と思いましたよ。


 想えば私は車やオートバイで今まで一度も「新車」を買ったことがありませんでした。
 なのでせっかく珍しく新車?の刈払い機を購入したのだから末永く大切に使ってゆきたいと考えてる次第です。

 
 


スポンサーサイト

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

小さな電動薪割り機

 先日、人様の仕事で薪割りをしたのですが、用意してもらった薪割り機がこれでした。



 油圧だけど動力はエンジンじゃなく電気モーターですね。
 小さくて最初は馬鹿にしてたけど使ってみると意外にすぐれものでしたよ。

 ネットで調べたところ、どうやらこの機種で間違いないかと思います。
 全長1mほどのコンパクトサイズだけど7tの能力があるみたいです。

 薪はシラカバ主体で2割くらいナラと思われる堅木が混じってて、1ヶ月くらい前に切り倒したやつとのこと。
 生木なんで実際に燃やすのは乾燥させた来年になるんでしょう。

 で、実際に使ってみると動作は遅いが、直径20㎝以上はあると思われる丸太が簡単に割れてしまいましたよぉ。



 堅木の方も最大20㎝位あったが、それも難なく割ってゆきましたね。
 もちろんエンジン式みたいに節をバリバリ裂いてゆく程のパワーは無いみたいですが、節をよけるようにして割ってしまう感じです。

 正直「これは使える!」と思いましたよ~。
 エンジン式はさすがに高価すぎて(数十万する)手が出ませんが、こちらは隣町のホームセンターで6万ほどで買えるそうです。
 ま、薪割り機は持ってる知人や森林組合にストーブ屋からレンタルする手もあるけど、所有してたらいつでも好きな時に薪割りができるわけですよねぇ。

 今年は買えないと思うが、来年あたりに頑張って欲しいものだなぁ…と思った次第です。


 ちなみに私の仕事は不定期ですが一応本業的なもんもあるのだけど、草刈りに薪割りやゴミ出しにドブさらい等々なんでもやりますよ。
 仕事がいただけるなら悪いこと以外はなんでもアリの、…無いのはプライドだけですかねぇ (^_^;
 

 

テーマ:コレッてイイかも~!? - ジャンル:ライフ

でたらめでも自分で何とかする

 我が家の車は軽のワンボックスカー(箱バンとか言われる貨物車)です。
 当時10年落ちで走行12万㎞のボロ中古車を購入し3年以上乗ってるわけですが、こないだいきなり凄い音を出すようになりましたよ。


 個人的にはカーステ鑑賞に支障が出るほどだし、近所の婆ちゃんからも「兄ちゃんの車、勇ましい音をしてるねぇ」とか言われたんで、やっぱこりゃマズいですよねぇ …(^_^;

 たぶんマフラーかエキパイあたりに穴が空いたか外れたか?と見当はついてるんで探したところ、見事に錆びて腐って外れてましたよ~。
 これじゃ整備不良で捕まっても文句が言えない状態ですが、あいにく付き合いをしてる集落の自動車屋さん(そこから購入した)が盆休みなんで、タイヤを外して応急処置をすることにします。



 ちなみに私はオートバイの整備や修理は原則自分でしてるのですが、車に関してはノータッチですね(タイヤ交換やカーステETC取付とかは自分でするけど)。
 だから車はデリケートなスポーツカーより、故障知らずの実用車が好みです。

 そういや昔、初代カブ号のエキパイが腐って外れた時(前方排気で凄い音だったなぁ)耐熱パテで固めてそのまま乗ってたのを思い出しました。


 というわけでホームセンターから買ってきたのがこれ、



 手順としてはワイヤーブラシで錆を落としてからアルミテープを巻き、その上から耐熱パテを塗ってさらにロックウールを巻く。
 最後にもう一度アルミテープを巻き、針金で固定して完了です。

 ま、極めていい加減な作業でしたがエンジン始動したところ、一応「勇ましい排気音」はおさまりましたよ。
 まともな修理に出したらマフラー交換は必須でしょうし、工賃や部品代で相当な金額になると思いますよ。
 なので個人的にはこのまま次の車検まで持ってくれたらありがたいのですが…。


 すでに新車登録から13年以上乗ってる車だし、エンジンもかなりくたびれてるから(前回の車検の時に代車で同じのを借りて乗ったが、走行7万㎞のそれは私の車と明らかにエンジンパワーが違ってた…)次の車検時に乗り替える予定をしてます。
 私の場合は10年落ちの中古車を4年乗って、似たようなボロ車に買い替えるのがパターンですね。


 都会生活と違い、車がないと生活に支障をきたす山暮らし(田舎暮らし)です。
 個人的に自動車に求めてるのは「荷物が積めて安全快適に移動できる」ことなんですが、なにせ年収百万前後の身分では維持費や税金の安い軽自動車で妥協するしかありませんねぇ…。

 なので格安のボロ車を買って「ボロボロになるまで」乗り潰すのが、貧乏な私のカーライフだったりしてます …(^_^;




テーマ:ひとりごと - ジャンル:アフィリエイト

新しい刈払機が欲しいんだけど…

 やっと林道の草刈りが終わりましたよ~。

 しかし作業が疲れるんで刈払機(草刈機)の刃をみたら、チップの3分の1近くが飛んでました (^_^;
 さらにエンジンの始動が悪くて再始動もさっぱりです。
 これじゃ時間と体力の無駄なんで、昨日新しい点火プラグと刃を買ってきましたよ。

 で、そしたら非常に調子がいい!
 プラグ交換で始動も良くなり、アイドリングも力強い感じです。
 そして安物だけど新しい刃は素晴らしい! …草はもちろん2㎝位の木ならスパスパ切れますよぉ~。
 
 考えてみたらプラグは3年前に交換したきりだし、さらに刃は確か前の刈払機から付け替えたやつだから何年前のかわかりません。
 ま、私は農業林業を営んでるわけじゃないから使用頻度は低いけど、交換をサボりすぎでしたよねぇ…。



 ちなみにこの刈払機、10年くらい前(正確な年は憶えてないが)に頂いてきて修理して使い始めたのが4年前からです。
 (過去ログのここここに書いてました)

 前の持ち主も「買い替えたからいらなくなった」と言う人からもらってきて、そのまま使わず何年も放置してたそうです。
 …なのでもしかしたら20年くらい前の古い機種かもしれませんねぇ。


 これがいよいよ壊れたら新しいのを買おうと考えてて、次は4ストロークエンジンの(できればカブ号のホンダ製)が欲しいところです。
 しかし知り合いの農機屋さんの話じゃ、4ストモデルの評判はイマイチとか…。
 現時点では構造が単純で故障が少なく、パワーもあってどんな体勢でも確実にオイルを送れる(混合油の)2ストタイプの方が間違いないとのことでした。

 しかし今のとこ壊れる気配もなさそうなんで、この刈払機をまだ当分使うことになるんでしょうけどね。


 …私はモノを大切にする性分でもないが、不思議と壊れずに長年使い続けてる道具が結構ありますよ。

 ま、その方が貧乏生活では助かるのも事実ではありますが …f(^_^)
 



テーマ:*いただきもの うれしい~* - ジャンル:ライフ

炊事道具を考えてみる

 いきなり汚らしいガラクタの写真ですが、



 これらは調理用のストーブで、スウェーデンのオプティマス製です。
 ちなみに日本でストーブといえば暖房器具のことですが、本来は調理器具(コンロ)という意味もあるそうですよ。


 左側は「№00」という機種で燃料は灯油です。
 使用には灯油を気化(ガス化)させないといけませんが、そのためのプレヒート(余熱)に時間が結構かかりますね(カセットガスのバーナーで予熱する技を憶えてからは、短時間で使えるようになりましたが)。
 一般家庭なら、石油ファンヒーターがスイッチを入れてから作動するまでのタイムラグと同じ原理だと思います。

 構造的には「これ以上の簡略化は不可能でしょ?」と言いたくなるほど単純で、火力を上げるには手前のレバーをポンプして燃料タンクの内圧を増し、下げる時は燃料キャップのネジを緩めて圧力を抜く…ってだけです。


 一方右側は「8R」という機種で燃料はガソリンです。
 ガソリンは気化しやすいのでプレヒートの時間も短く、仮に生ガスが吹きだしても炎に包まれたまま放置してれば、じきに使えるようになって手軽ですね(もちろん危険のない野外使用での話ですよ)。

 一応ホワイトガソリンを使用とのことですが、私は自動車用のガソリン(通称"赤ガス")しか使ったことがありません。
 ま、長年使ってますが一度も壊れず部品交換もしたことないから、きっと大丈夫な構造なんでしょう。
 こちらは火力調整のレバーも付いてて便利だし、旅ではオートバイや車と燃料が共用できるんで荷物を節約できるアイテムです。


 …これらはキャンプ用品というより、テント生活から仮小屋に移行した頃までは我が家で活躍してた「日常の必需品」でした。そしてもう十分に元は取ったと考えてますよ。
 今ではプロパンガスとIH(電磁調理器)を併用した、お手軽な生活をしてますけどねぇ。

 ま、キャンプ道具としては今でも現役なんですが、これをブログに書いたきっかけはプロパンガスの期限が切れたことです。
 ガスのボンベには使用期限というものがあって、前回充填したのは2年以上前でしたが、これを使い切ったら次は充填できないわけですね(室内保管だから錆とか全くないんですけど…)。
 ガスの充填自体は3千円前後で済む(それで2年持つ)んだけど、ボンベも買うことになると1万円くらいの出費になってしまいますよ~(今はいくらになってるか知りませんが)。

 それなら期限のない灯油やガソリンのコンロを使った方が経済的なのかなぁ?…などと考えてるわけです。
 …一応「年収50万生活!」を模索してる身としては、その辺の経費もシビアに考察してるんですよぉ (^_^;


 ちなみに今回紹介したオプティマス製品は、すでに製造中止となってしまったそうです…。

 キャンプ用品を収集する趣味はありませんが(というか好きだけど経済的余裕がないもんで)これらの道具は一生使い続けたいと想ってますよ。

 だから可能なら消耗パーツ位は手に入れておきたいよなぁ、なんて考えてるところです。



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。