でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朽ち果ててゆく道

 そういや昨日は気まぐれで普段行かない我が家周辺の林道を見に行ってきました。

 まずは我が家の生活林道を終点まで車で。
前回行ったのは確か2、3年前だったと記憶してたが今の軽ワンボックス(箱バン)では結構きびしい荒れた道になってましたね。オフ車でチャレンジする獣道になりつつありました。

 途中で十字路があってそこも久々に入ってみたのですが、すでに林道の真ん中に木が生えはじめ果たして来年は通行できるのか?って感じでしたよぉ …(^_^;
 まあ、林道ってのは林業のために作られた道ですから、植林等が終わって用事がなくなると通行もなく、道の真ん中に木が生えてバイクじゃなきゃ通れなくなってるのを過去に目撃しましたけどね。

 さらに川、といっても幅が1mくらいの小川ですが、そこに向かう林道に10年以上ぶりに入ってみました。



 かつては小川の近くまで普通に行けたのですが、さすがに怖いので今回は歩きで行ってみました。
 …うん、やっぱ正解です。道のあちこちは倒木にふさがれて車どころか歩くのも難儀な藪に変わり果ててましたよ。

 そして川にはたどり着きましたが、ざっと観ただけでもあちこちの流れがダムのように滞ってて川を渡る橋(倒木を並べただけでしたが)は痕跡もなくて人が訪れた形跡がほぼありませんでした。
 ただ楽しそうに歌う鳥の声だけが私には寂しく聞こえた次第です…。




 この道は私も山暮らしをはじめた頃は時々山菜採り等で使っていたけど長らくご無沙汰してましたねぇ。
 考えてみれば当時の年寄りでさえ自分の山がどこにあるか知ってる人はすでに少なくて、でも当時はまだ自分の所有する山林を知って手入れする人がそれなりにいたんです。そして山菜採りなんかでも普通に使われてたんですよね。
 
 倒木や道にはみ出す樹木は見つけた人が処理するのが普通でした(私も生活道路に関しては年に一度、梅雨明け頃に草刈りや邪魔な枝の伐採を一応していますが)。
 
 でもその爺ちゃん世代の多くがすでに世を去り、その子供世代がもう定年退職してる時代なんですよねぇ~。
 彼らの大多数は昔の山仕事を全く知らず、というか山に興味や関心すら無くテレビに流れる東京生活をお手本に暮らしているかのように私には見えてしまいます…。

 当時は我が家前の林道も通行量がそれなりにあり地元の風習で必要な季節の品、山菜キノコだけじゃなく笹やヤマゴボウ他、あとエンドウマメの栽培に適した小枝のたくさん付いた枯れ木など、色々採集に来る年寄りからいろいろと教わったもんでした …(^_^)


 かつては全国で地域独特の生活様式や食文化があったでしょう。
 生活や慣習に必要なものを野山に求めて歩くのもそうだし、食にも現れてると感心したのは私の山暮らし昔話なのかもしれません。
 今じゃ郷土料理に必要な山菜等なんて地元スーパーで外国産が安く手に入りますからねっ …(^_^;


 とういうわけですが、荒れ果てた林道から戻った私は何とも言えない気持ちになりました。

 確かに私があの道を手入れしてかつての姿に戻すことは可能ではあるけど、そこにどんな意義があるのだろうかと??。
だって一番身近に住む私自身が10年以上使ったことがない道ですからねぇ。
 うーん、偉そうなことなんか全然言えない身分なわけですよ …(^_^;

 誰もが通った道はやがてまばらになり、見向きもされず朽ち果ててゆく…。
 その道は誰かがその意義を再発見するまで、そのままにしておいた方が良いのだろうか?
 ってのが現時点で私が出した一応の答えでありました…。



スポンサーサイト

家電品不要の食生活

 昨日冷蔵庫の話を書きながら、ふと電気も冷蔵庫も無かった時代の食生活を思い出しました。
 確か過去にも何度か書いた記憶はあって重複するだろうが改めて書いてみますね。

 ちなみに現在主食のコメですが玄米は圧力鍋とIHで炊くし、白米は精米機→炊飯器という方法。
 パンはホームベーカリーがあるしコーヒー豆には電動ミル。
 もちろん電子レンジにオーブントースター、IH(電磁調理器)も当然のごとく活躍しています。
 ま、冬場に薪ストーブ調理が増える以外は電気製品にどっぷりつかってるこの頃でありました。


 山暮らしを始めた当初はプロパンガスも無かったんで、キャンプ用のコンロ(燃料は灯油とガソリンがメインでガスも持ってた)で煮炊きをしたり、焚き火や薪ストーブの調理もよくしましたね。
 そのうちカセットコンロを買って便利だからそれがメインとなり、後にはプロパンガスも導入しましたが。


 ご飯を鍋や飯ごうにコッヘル(玄米は圧力鍋)で炊くのはそれ以前からしてたんで技術的問題はなく、夏でも3日くらいはカビも生えないんで当時からまとめ炊きしてましたよ。
 暖め直しは蓋やラップをした茶碗(コッヘル)を少々水を入れた鍋で蒸してました。電子レンジのように1分じゃ無理だが10分程度で暖かい飯が食えましたねぇ。
 弱点は茶碗にご飯粒がくっつきやすく洗うのがちょっと面倒なことだったな。

 野菜はそれなりに日持ちするからいいけど、漬け物にしてしまうのも良いです。
 当時はスーパーの買い物袋に塩とちぎった野菜を入れて、お手軽な漬け物をよくやってましたよ。

 そして問題は痛みやすい肉や魚です。
 もちろん買ったその日に片づけるのが一番だが、冬は干物や薫製にする手もあり(今でも冬の楽しみ)夏場は佃煮にすることが多かったな。…個人的には肉(特に挽肉)の佃煮は保存も利くしおかずにもなるしでお勧めです。

 あと塩みそ醤油はもちろんだがマヨネーズにソースやケチャップ等の調味料は常温で問題なく保存できるし、牛乳はスキムミルク(脱脂粉乳)を使ってました。

 それから乾物類は冷蔵庫のない生活で重宝しましたねぇ。
 干しシイタケに凍み豆腐や海草類等々…、そのせいか今でもキノコや山菜等を干物にして保存する習慣があるんでしょう。

 それと当時は土方のバイトに通い弁当持参だったから夕食と共通のおかずで、翌日の昼まで持つよう濃い味付けをしてましたね(今でも保存食は塩分濃いめが原則です)。


 というわけで思い出すまま当時のことをざっと書いてみましたが、現代だって地域に根ざした昔ながらの食生活をすれば別に冷蔵庫や電気なんか無くとも問題なく生きてゆけるんじゃないかと思っています。

 しかし大家族で分業できる環境ならともかく、私みたいに働きながらの独り暮らしじゃ一日中生活に追われて全く余裕がなくなってしまう(しかも当時は本宅の建設中だった)経験もしたんで、電気製品等の便利グッズは強い味方だと実感してます。
 さらにあの頃は食事以外にも水くみと薪で沸かす風呂や手作業で洗濯等の家事もありましたからねぇ。


 当時は「電気の無い場所で生活を始めるんだから当然のこと」と考えてて、別に不便とも苦にも思わなかったのが、今となっては不思議な気がします。

 …今じゃ山で電気のある生活を知ってしまいPCをいじったり楽器を弾く余裕ができた事実があるから、やっぱできることなら電気のない生活には戻りたくない気持ちがあるわけですよ。
 
 ま、「人間としての進化を少しだけ体験したんだろう?」などと適当に考えて終わりにしてますけどね。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

伐採した木の根の処理

 昨日の記事を書いてて思ったんですが、過去にしたことを結構忘れてる自分に驚きましたよ。

 ま、私は人より記憶力が劣る方だし、当時はデジカメにPCも無かった(電気のない生活でしたから)上にまともな記録もつけてなかったわけです。
 元々が過去を振り返る誠実さに欠ける性格だし、かといって数年後や老後のことなんか心配する脳ミソも無いんで、今日明日からせいぜい来年のことくらいしか考えてないんですけど…。
 とはいえ自分がしてきたことだしと、昔の写真を見ながら考えてたらボチボチ記憶もよみがえってきましたよ~。


 昨日は木の根を掘り起こすのは「ユンボ(パワーショベル)しかないでしょ」と書いたんだが、考えてみたらユンボで掘り起こした大木はせいぜい5~6個に過ぎなかったです。
 プロの経験者に聞いた話じゃ「条件がよければ1~2時間で起こせるかな」とのことでしたが、素人の私なら上手くいって大体半日仕事でしたねぇ。
 40㎝前後あるカラマツの切り株なら周囲に直径2mほどの穴を掘り深さも1.5mくらいだったな。
 大体の形が見えたところで転げないようワイヤーで吊りながら穴に入り、細かい部分はスコップで掘ってはチェーンソーで根切りして引き上げるのが基本作業だったと記憶してます。
 結局あまりに面倒で時間と燃料代がもったいないからやらなくなってしまいましたが…。

 ちなみにユンボとかの作業機械は仕事じゃなく、自分の敷地で個人使用の範囲なら資格不要なはずです。
 私自身「作業免許」や「大型特殊」等の資格は全く持ってませんし、機械も1日か2日もでたらめに構ってたらとりあえず「考えなくても動かせる」ようになるものですよ。

 
 20㎝以下の小さな切り株ならユンボだけで(バケットで叩いて根を切りながら)起こせるのが多く、1時間かからなかったような…。
 10㎝以下の小株なら手作業だけ(道具はスコップ、ツルハシ、鍬に鋸とか)でも大丈夫で、今でも時々やってますよ。
 
 いずれにせよ伸びている根は穴の中に見える範囲で切って終わりです。
 すべての木の根を掘り起こすのは大変すぎて無意味だと思うし、なので今でも畑を開墾したり深く耕すと木の根が出てきますよ。
 そんな時は邪魔な分だけ切って深追いしない方が合理的かと。

 そういや今でも畑に切り株が露出したままの場所があるけど、機械で耕すわけじゃないから問題ありません。
 ついでに少しずつ腐りながら肥料を供給するんで、切り株の周囲に菜っ葉とか植えるとよく育ちますよ (^o^)


 ところで考えて不思議に思ったのが「あんなに木が生えてたのに、なんで我が家の敷地に切り株が少ないんだろ?」ってこと。
 


 これは我が家の基礎工事をしてた頃の写真ですが、これだけ周囲に生えてた木の切り株が今じゃあまり見あたらない…。
 で、あれこれ思い出してみたところ、いくつかの方法がありましたね。

 まずはユンボで掘るのが面倒になってからやったのが、切り株の周囲を30㎝程度掘って上から見て網目のようにチェーンソーで切り込みを入れる。
 切り込みに大きなバールを突っ込んでこじくりチェーンソーを併用しながら木を割って取り除いてから埋め戻す(文字で説明するのは難しいなぁ)。
 畑にするならこの程度でイモ類とかも問題なく作れます。実際の栽培だとさらに畝をたてるから今のとこダイコンとか植えても大丈夫ですよ。

 そしてそれも面倒になると周囲を軽く掘ってから地面に見え隠れする程度に切り株を水平切り。
 歩いたり車が通る道や広場ならこれで十分です。


 そういやこれも基礎工事の写真ですが、



 見ると基礎の穴には木の根の断面や、周囲にも小さな切り株がありますね。
 この頃はまだユンボが無くて手で穴掘りしてたから、邪魔ものはとにかくぶった切り邪魔にならなきゃ放置って作業だったんですねぇ。
 なので今でも床下には乾いた木の根がそのまま残ってたりします。


 というわけで木の根の処理について書いてみましたが、記憶違いの部分に気が付いたら後で訂正しますね。


 …なんだかあやふやなことばかり書いてて「本当にオマエがやったことなのかぁ?」と言われそうですが、当時も今も業者に依頼する経済的余裕は全くないから、自分で何とかしたのは確かです。
 ま、当時のことを知る友人知人の証人が何人もいるから間違いないんだけど、なんか自分自身も「こんな馬鹿なことをよくやったもんだなぁ~」と、今じゃ他人ごとのように考えてるわけです。

 というのも思い出すほどに「土地の購入から我が家を建てて住み始める」までの期間って、なんだか「もののけにとりつかれてた」ような記憶感覚でして、現在の「ボケたナマケモノの自分」とは全くの別人みたいに思えてならないんですよぉ。
 少なくとも「当時と同じことをもう一度やってみろっ」と言われたら「絶対に無理です」と答えるしかありませんからねぇ…。


 そういやいろんな人と話をしてると人生の一時期にやっぱ「もののけにとりつかれてた」ような期間があったみたいですね。
 そしてその多くは「結婚や仕事とかの一大事」で人生の転機となる出来事だったようです。

 「あまりに沢山のことがいっぺんに起きたから細かいことまで憶えてないよ~」という点では共通ですから、私の場合も形は違えど一応人並みに生きてるのかな?などと考え安心することにしています …(^_^;





テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

懐かしい写真 …初めての水道システム

 最近は時間の余裕があるんでPCデータの整理なんかもしてます。

 今まで複数のHDDでバラバラになってたやつを、買っておいた大容量のやつに統合してるわけです。
 そんな中にすっかり忘れてた昔の写真も結構ありましたねぇ。
 
 で、創設時の水道システムの写真が出てきて懐かしく思いましたよ。
 我が家の水道については過去に何度か書いてるので以下重複する部分もありますが…。



 あの当時の取水方法は崖の途中にある湧き水の場所に横穴を掘り、石を積んでホースを付けただけの簡易なものでした。
 水量もしみ出してくる程度にわずかなので、20リットルのポリタンクを満タンにするまで10~30分(時期による)かかりましたよ。
 だから崖を上り下りして水汲みにかかる時間と労力は結構なもので、たかが風呂に入ることが半日仕事だったわけです。
 そこで水を簡単に手に入れる方法を真面目に考えるようになって、それが山暮らしを始めて3年か4年目位の頃だったかな。

 まずは頂いてきたステンレスの水槽(浴槽)を設置して蛇口を付け、水を貯め込むようにして待ち時間を解消。
 それでもポリタンク二つで40㎏もある水を持って崖を上がるのは大変だからポンプを設置することにしました。
 で、最初に作ってみたのがこれです。
 


 水槽の蓋に防腐剤を塗りたくないし合板も使いたくないんでバーナーであぶっておきます。
 その上に農機具から外したモーターにギアポンプを付けてみました。
 ギアポンプにした理由は高低差が20m位あって普通の水中ポンプや井戸ポンプでは水が上がらないからで、深井戸用は高価で手が出ません。…20m以上の揚程があって安い(5千円位)のが他になかっただけのことです。
 
 しかし実験ではバケツの水を勢いよく吹きだしたのだが、いざ現場に設置してみると水圧に対してモーターの力が全く足りず回りませんでしたよ。
 ま、理論的に当たり前の結果ですが、知能が不足してるもんだから行動して結果を見てから初めて理由を考えるわけですねぇ …(^_^;

 で、今度は別の壊れた農機具からエンジンを外してポンプにつないでみたところ、やっと水が上がるようになりましたよ。
 …電気モーターだったら崖を降りずに水汲みできたんだけど、ポリタン持って崖登りするよりはるかに楽なんだから当時としては上出来でしょう。
 
 
 
 そういや崖を楽に往復できるよう階段も作ったが、この工事は難儀で水源地より日数がかかりましたね。

 

 材料の杭や板は廃材ですがこれも腐りにくいように焼いてみました。
 さすがにバーナーじゃガスがもったいないんで、焚き火を起こしての作業です。
 
 最後はゴミや雨水が入らないよう屋根をかけて終了となりました。




 ちなみにその後は水源地を水が涸れない場所に移動して、冬でも凍らないよう塩ビ管を地中に埋設しポンプを電気式に交換しました。
 今では我が家で居ながらにして水を汲むことができるから、さらに進歩して便利になったものですねぇ…。


 ところでまだまだ初歩的段階とはいえ、この時の水道が開通した出来事は私の山暮らしで最も嬉しかった思い出のひとつです。
 勢いよく風呂に注がれる水を手に受けながら「これでやっと水仕事の時間と労力から解放されるんだなぁ…」って、ため息とニコニコ顔で眺めてましたよ~ (^_^)

 なんというか命の源と私の居場所がつながった幸せな感じで、その感覚は今でも続いてると思います。





テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

腰痛から思い出話

 昨日は腰を痛めてしまったことを書きました。
 なので静養のため、今日は「完全休養日」です。

 今朝もいつも通り6時に目覚めたわけですが、2度寝3度寝して10時を回ったところで起きました。
 さすがにいつまでも寝てるのは飽きるし農作業はしないことにしてた(見廻りや苗の水やりはしたが)んで、今日は普段やらないまま放置してる雑用を腰に負担がかからない程度にボチボチ片付けることにしました。


 で、まずはPCですね。
 実家から持ってきたままで構ってるヒマのなかったメインPCを使用できるようにしました。
 山に戻ってからは面倒なんでサブのPCをずーっと使ってたが、せっかく昨年組んだ「クアッドCPUにデュアルモニタで、お気に入りのメカニカルキーボードにUSBオーディオの組み合わせ」を眠らせておくのはもったいないわけです。
 というわけで腰痛のおかげで、やっとメインPCを使ってブログが書けるようになりましたよっ (^_^;

 後はガスレンジの魚焼きグリルの掃除とか、普段できないわけじゃないが面倒で後回しになってることを思い出してはやってみました。


 そして夕方から暗くなるまで、外で久々の焚き火をしてみました。
 来客中は定番的行事だけど、考えてみたら独りで焚き火するなんて何年ぶりでしょうか。ま、薪ストーブがあるから寒い日は屋内で焚き火してるわけですが…。
 腐りかけでストーブの薪には適さないし、堆肥に入れるには太すぎる枝や廃材がけっこうありまして、それらを拾い集めては焼却処分って感じですね。

 

 昔、といってもテント生活から仮小屋時代の頃までだけど、毎晩のように外で焚き火をしてました。
 テントや仮小屋はとても狭いから外で自炊した方が効率的だし、敷地やログ建設の端材を片付ける意味もあって夜は焚き火と過ごすのが日常でしたね。
 
 そういやあの頃、毎夜の焚き火を観て独りで飲みながら「いつかこんな生活を懐かしく思い出せたらいいよなぁ…」と想ったものでした。
 もちろん手造りのログキャビンを完成させ、念願の文化生活を実現させた自分をイメージしてたわけです。
 …当時は電気も引いてなかったし、今みたいにポンプで水を引く水道システムもなく崖を降りてはポリタンクで水を運んでくる生活だったから、たかがドラム缶風呂だって入浴するまで半日仕事だったんですよねぇ。

 
 運良く当時の念願が実現したから、今の生活があるんですね。
 ま、腰痛のおかげで「あんな生活を懐かしく思い出せた」わけですし、たまには焚き火でボケーッとしてみるのもいいかな?と思った次第です …(^o^)
 



テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。